デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

高松宮記念のレース回顧

2018/07/25

メガホンで応援

高松宮記念のレース回顧をしてみたいと思います。このレースは、芝1,200mでおこなわれました。レース前の人気では、1番人気にレッドファルクス、2番人気にレッツゴードンキ、3番人気にメラグラーナでした。レース前の予想ではかなりの混戦が予想されていました。

それを物語るかのように、単勝のオッズで10倍をきるのが6頭もいる大混戦ムードでしたが、レースがはじまってみると、セイウンコウセイの強さが際立ったレースでした。

着差以上の楽勝といっても過言ではないと思います。最後の直線に入ってからの手ごたえは、セイウンコウセイだけが楽な感じで、あの時点でおそらく多くのファンが、勝利を確信したのではないでしょうか?単勝5番人気でG1初勝利でした。

今回手綱を取ったのは、幸騎手でした。最近では、松田大作騎手が手綱を取っていての乗り替わりとなりました。その乗り替わりがどうなのか?と心配したファンも多かったかもしれませんが、最後の直線に入ってからは全てが杞憂に終わった感じでした。

セイウンコウセイは、最近本当に力をつけてきた馬で、今回の馬場の真ん中から抜け出して勝ったのは、さらに大きく成長できるのではないかと思います。

重賞初勝利がG1というのもすごいことなので、これからが本当に楽しみな馬です。一方2着だったレッツゴードンキにも大きな収穫があったと思います。

内からしっかりと伸びてきたし、このレース最速の上り33.9を出していましたし、前走の京都牝馬Sでも勝っているので次にまた期待できる内容だったと思います。また、1番人気に押されたレッドファルクスは3着でしたが、これは道悪の影響も多少はあったのかなと思います。

鞍上のデムーロ騎手もこの馬は道悪は得意じゃないといっていましたし、ただ悲観する内容ではないでしょう。そして以外といっては失礼ですが、ティーハーフも4着と大健闘しました。16番人気で休み明けという事で多くの人がノーマークにしていたと思いますが大健闘でした。今回鞍上が再び国分優作騎手に戻ったという事も大きかったのではないかと思います。

逆に不調だったのがシュウジでした。15着という着順もそうですが、それにしても負けすぎな感じがします。もしかしたら馬場状態などが合わなかったのかもしれませんが、どうしたんだろう?というようなレースでした。次走のシュウジの巻き返しに注目したいと思います。

しかし、セイウンコウセイのこれからが本当に楽しみなレースでした。

-記事
-,

スポンサーリンク