デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

馬場状態に合わせて柔軟に競馬予想を組み立てる

2018/07/25

悩んでる男性外国人

馬場状態は競馬の成績に大きく影響します。芝はもちろんのことダートについても同様です。

ダートの良馬場は、パサパサしてして乾いた状態です。砂が深くなっており、走るときにはパワーを必要とします。そのためタイムがかかり、パワータイプの馬が好成績を残しやすいです。その反対にダートの不良馬場では、脚抜きは良くなるため好タイムが出やすいです。

そうなるとパワータイプの馬よりも、スピードタイプの馬が好走しやすくなります。そんな不良馬場では、もともと芝で走っていたがダートへ転向してきたときにも狙いやすいです。もちろん芝ほど馬場が軽いわけではありませんが、良馬場と比べればまだ不良馬場のほうが芝の状態に近いレースになるので、芝のレースの時と同様の成績が期待できます。

このため、たとえ前走で2着や3着に好走して再び同条件でレースを迎えるとしても、馬場状態が変わっていればそのまま好走するとは限りません。馬場状態が変わっていたら、1番人気になって凡走するかもしれないのです。

そこで台頭してくるのは、馬場状態が合わずに4着や5着に惜敗していた馬です。

実力はありながらも馬場状態が合わなくて好走できていないわけですから、得意とする馬場状態になれば着順を上げやすくなります。パッと見の着順は3着以内に入線していないのですから、少なくとも1番人気にはなりにくいのです。それでいて好走の可能性が高いのですから、競馬予想するときにマークしておかなければもったいないです。

中央競馬の場合、午前中のレースはほとんどがダート戦だったりします。そのため、ダートにおける競馬予想を手の内に入れておけば、午前中から好成績を残すことができます。そのためにはまず当日の馬場状態がどんな状態なのかを確認し、それに合わせて予想を組み立てていくのが柔軟な競馬予想の方法です。

馬場の傾向を掴んで競馬予想に活かせば、メインレースまで流れに乗ることができます。

それができていれば本命馬の選択を間違えにくくなりますし、万馬券の片棒を担ぐ穴馬を取りこぼさずに拾うこともできます。芝でも、良馬場と不良馬場ではレースの様相がまるっきり変わってきます。その変化に対応できるか否かで、馬券の的中率が変わります。あまりにも馬場状態を気にし過ぎて裏目に出ることもないわけではありません。

ただ、そうなったら少しずつ予想を修正していけば良いので、とりあえず馬場状態に合わせて競馬予想を組み立てれば、無理のない自然な競馬予想ができます。

-記事
-, ,

スポンサーリンク