デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

馬券を買う場合に考えなければならないことはたくさんあります

2018/07/25

グラフ

競馬は馬券を買うことにより、レースをより興味深く観戦することが出来ます。馬券には単勝複勝枠番連勝馬番連勝3連複ワイドなど、買い方の種類がたくさんありますが、どれを買うかによって検討の手法も変わってきます。

例えば単勝を買う場合、勝つ馬が何かを考えなければなりません。しかし馬連や枠連で馬券を買う場合は、2着までに来る馬を中心に馬券を組み立てればいいわけで、この場合は絶対に勝つ馬を探さなくてもいいことになります。

競馬開催日ごとに馬券を買っているファンは単勝と湧く年の買い方の嗜好を変えなければならないと強く意識を持って買っているわけではないでしょうが、じっくりと考えてみますと勝つ馬を探す検討方法と、2着までに入ればいい馬を探す検討方法は見ているようで実は結構違うということが言えるのです。

実際に下級条件のレースを検討してみますと、盛んに2着3着を繰り返す500万クラス常連馬などもよく目にします。近5走中、2着2回3着2回4着1回という成績の場合、非常に安定して走っていてこのクラスはいつ勝ってもおかしくない実力は持っている馬だと考えることはある意味妥当です。

また、3着3内に5走中4回も入線しているということで、複勝や3連複、3連単、ワイドの馬券では軸に最適な馬という評価も出来ます。ただし、この馬を単勝で狙うのはどうかと考えた場合、評価は微妙になります。競馬ファンもその点はよく知っていて、こういったいわゆる「下級条件の安定勢力」の馬の単勝オッズが1倍台になることはあまりありません。

2倍台や3倍台、さらには4倍台をつけることも多いです。つまり、多くのファンが「3着までには多分来るだろうけど勝つことはなく、何かに足元をすくわれる」と考えているのです。

従ってこういう馬が出走しているレースでは、単勝馬券はこの「下級条件の安定勢力」の馬以外から探すということが馬券作戦では必要になるわけです。

また、この「下級条件の安定勢力」の馬を軸に馬連や3連複を買う場合は、相手馬の抽出も検討の際には必要になってきます。単勝馬券には相手馬の抽出は必要ありませんから、こういう作業は単勝と複勝以外の馬券を買う場合に必要になってくるのです。

競馬新聞やスポーツ新聞の本命印の馬は、必ずしもその新聞が「勝つ」と考えて抜擢されているようでもないようです。じっくり新聞のしるしを眺めると、「下級条件の安定勢力」に本命印がついていることも多いことが分かります。

-記事
-, , ,

スポンサーリンク