デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

重賞の競馬予想で各馬を判断するポイント

2018/07/25

OKサインをする女性

重賞の競馬予想を行うときは、まず実績馬とそうでない馬の実力比較が大事です。

重賞ですでに実績を残している馬とまだ実績を残していない馬は、実際に走ってみないと実力差がわかりません。ただ、その結果を待っていたのでは重賞の競馬予想ができませんので、さまざまな情報から実力差を判断していきます。

そのときポイントになるのは、実績馬の調子と実績を残していない馬の前走の勝ちっぷりです。普通に考えれば、重賞の競馬予想で実力上位と判断できるのは実績馬です。実績馬はすでに重賞好走歴がありますので、まともな状態なら実績馬が有利です。

しかし、そう一概に判断できないのには理由があります。それは実績馬の調子が上がっていないことがあるからです。いくら実績馬でも、近走が着外ばかりなら信用できません。

着外になるほど調子を落としていたら、しばらくは好走を望めないです。また、半年以上レースから遠ざかっているなど、休養明けの場合も実力通りの走りをできない可能性が高いです。

休養明けはあくまでステップレースの意味合いが強いので、その段階で信用してしまうのは危険です。休養明けでいきなり重賞に出走してくる場合もありますが、そのパターンではどんな実績馬でもそうは勝ちきれないのが普通です。

ですので、実績馬は調子によって軸にできるかどうかを判断するのが妥当です。また、実績を残していない馬は、前走の勝ちっぷりが重賞で通用するかどうかの判断材料になります。

前走を重賞と同条件で5馬身差以上ちぎって勝った、レコードに近いような好タイムで勝った、手ごたえ余裕で勝ったなどは、重賞即通用も考えられる勝ちパターンです。本来なら重賞というクラスの厚い壁に跳ね返されてもおかしくないのですが、上がり馬の中にはそんなクラスの壁をもろともしないで一気に重賞勝ちする馬もいます。

手堅く実績馬を本命にしていれば当たるだろうと安心していたら、勢いのある上がり馬にしてやられてしまうことは少なくありません。

特にダートの重賞では、実績よりも勢いが勝ち負けを左右する気がします。ダートでは条件戦から連勝でどんどん勝ち上がっていく馬があっという間に重賞制覇する光景をよく目にしますので、ダートの重賞予想では特に気をつけなければいけません。

重賞の競馬予想は各馬の実力がまちまちですので、どんなレースも非常に難しいです。ただ、だからこそ高配当になりやすいですし、実績馬とそうでない馬の取捨選択を間違えなければ、競馬予想で満足のいく結果を残せるはずです。

-記事
-, ,

スポンサーリンク