デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

競馬場での時間の使い方が快適さを決める

2018/07/25

グラフと色鉛筆

1日を競馬場で過ごす時は時間の使い方がとても重要になります。時間の使い方が上手でないと、どうしても慌ただしくなってしまって競馬を心から楽しめなくなってしまいます。ですのでどんな風に時間を使うのがベストなのか、自分なりの答えを見つけると快適に過ごせます。

まず1レースから競馬場で観戦する場合、何時ごろ競馬場に到着するのが最適なのかを割り出します。理想は競馬場の開門時間と同時に着くことで、そうすれば入場待ちをすることなく中に入れます。また、よほど特別なG1レースでもない限り、そのタイミングで入れば競馬を観戦するのに良い席が確保できます。ですので、競馬場への到着時間は重要です。

また、1レースの予想にどのくらい時間をかけるかも、時間の使い方で考慮しなければいけない点です。1レースの予想に20分以上時間をかけるなら、他場の予想はほとんどできないです。

そのため、じっくりと時間を使いながら馬券を買うことになります。それよりも早く予想ができる場合は、時間に余裕があるときに限り他場を予想することができます。

この予想時間はそのときどきで異なったりもしますし、パドックを見るか見ないかでも違います。まさに人によって予想にかける時間が異なりますので、自分なりの予想スタイルを早めに見つけることが上手い時間の使い方につながります。

さらに、昼休憩をどのタイミングでとるかも重要です。JRAのレースは昼休憩のための時間が設けられていますので、そのタイミングで昼休憩をとるのが一般的です。

ですが、そのタイミングだとどの飲食店も混んでしまう可能性が非常に高いので、あえて時間をズラして昼休憩をとると飲食店でスムーズに昼食がとれやすいです。G1開催日など人が多くて混雑しているときは特に大変ですので、時間を気にしながら行動したほうが良いでしょう。

また、トイレに行く時間、馬券を買う時間、競馬場から立ち去る時間など、時間をどう使っていくかをよく考えて行動しなければいけません。

それを考えていないと「トイレに行っているとき馬券を買っているレースが始まってしまった」「次のレースの馬券を買おうと思ったら直前で締め切られた」「帰るときに混雑して電車が満員」など、思わぬ事態に遭遇してしまうかもしれません。それでは競馬場で快適に過ごせているとはいえなくなってしまいますので、そうならないように注意が必要です。

ですので、競馬場ではどんなふうに時間を使うかが快適に過ごせるかどうかを決めます。

-記事
-, , ,

スポンサーリンク