デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

競馬予想時においては、競走馬の得意な距離を抑えておくことが重要

2018/07/25

虫眼鏡をのぞく男性

競馬予想において抑えておくべきポイントとしては、出走する馬の得意な距離をチェックしておくということがあります。というのも近走は全然成績が良くない馬でも、得意な距離に限っては近走の成績などまるで関係なく好走するということが競馬にはよくあるからです。

これがどういったことかといえば、例えば人間には短い距離が得意なスプリンターや、マラソンなどの長距離が得意な人が要るように、競争馬にも得意な距離がある程度決まっているということです。

特に競争馬に関しては、短距離馬や長距離馬といった大まかな分け方だけではなく、短距離馬だけでも1200メートル前後をスプリンター、1600メートル前後をマイラーというように分けられており、それ以外にも2000メートル前後は中距離馬、3000メートル以上はステイヤーというように細かく分けられています。

そういったこともあり、近年の競馬では距離体系が確立してきており、得意な距離ではなければ例えGⅠですら回避するようになってきています。

ですがたまにさまざまな理由から適距離では走っていない競争馬や、クラシックなどは生涯に一度しか出走できないので、距離適正など関係なしに出走している競争馬などがおり、そういった馬が自分の得意な距離に戻ってきたときには、近走の成績など関係なく競馬予想時には抑えておいた方がいいでしょう。

まだ何回も走っていない若駒などは、得意な距離がまだ分からないことが多いのですが、その場合には血統から適距離を予想することができます。ただ基本的には長距離馬の子供は長い距離がよく、短距離馬の子供は短い距離が得意なことが多いとはいえ、例外もたまにいるのでそこには注意が必要です。

最近だとキタサンブラックなどは、血統だけでいえば母父がスプリンターのサクラバクシンオーだということもあり、菊花賞ではそのことで敬遠されて5番人気になっており、天皇賞でも菊花賞馬にも関わらず2番人気でした。

ただサクラバクシンオー自体の血統は、遡れば距離をこなせる血統だったので、単純なスプリンター血統という訳ではなかったことが関係しているのかもしれません。

ですがさすがに予想時にそこまで考えるのは難しいので、あくまでも例外だと考えておくくらいでいいのかもしれません。このように出走馬の得意な距離を把握しておけば、高配当を得ることができる確率が上がります。

特に得意な距離以外だとまるで駄目な距離の融通が利かない馬などは、逆に得意な距離だけは強いということも多いので、得意な距離だと高配当の狙い目になっています。競馬予想時には、いちおう抑えておくといいでしょう

-記事
-,

スポンサーリンク