デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

競馬予想はあらゆる数字を比較することが重要

2018/07/25

ポイントの手をする男性

競馬予想をするうえで欠かせないのは、さまざまな数字です。競馬予想をするために競馬新聞を買うとわかることですが、競馬はいたるところに数字があります。前走や前々走の着順、走破タイム、馬体重、負担重量、馬番、あるいは週中の調教タイムもすべて数字で表現されています。そのため、ある程度数字に強くなければ、競馬新聞で競馬予想をするのは厳しいです。

ただ、競馬予想ではそれらの数字をどう扱っていくかが最も重要なポイントです。
例えば、馬体重についてはそのときどきで増えたり減ったりしますが、どちらが好走するのかはっきりと決まっているわけではありません。

そもそも馬体重がどこまでレースの結果に反映されるのかも人によって見解が違いますし、予想のファクターとしてなり得るのかどうかから検討しなければいけないのです。

一般的によほど大きく馬体重に変化がなければそれほど影響はないといわれていますが、成長期であるにもかかわらず出走ごとに馬体重を減らしたりすれば、その傾向から「体調があまり良くないのかもしれない」と予想することもできます。そのためには馬体重の変化に注目し、数字がどう推移しているのかを分析していく必要があります。

馬体重以外にも走破タイムは、誰もが注目する数字です。単純に速いタイムを出せる馬は強いという予想が成り立ちますし、わかりやすい数字かもしれません。ですが、これも一筋縄ではいかないのです。大雨が降って極悪馬場になってしまったら、過去に速いタイムを記録しているかどうかは関係なくなります。

また、それと同じように開催後半で馬場が荒れてきて走破タイムが遅くなる馬場状態なら、速いタイムを出せる事のアドバンテージは消滅します。つまり走破タイムが速ければ絶対好走するというわけではなく、馬場状態と照らし合わせながら競馬予想をするのがセオリーです。

それら以外にも騎手や調教師のリーディング順位、あるいは勝率や連帯率や複勝率、コースや距離ごとの実績など、競馬予想はとにかく数字を比較することが多いです。

もちろんパドック予想や返し馬予想など見た目から判断した競馬予想の方法もありますが、それはデータ時代の今だいぶマイナーなやり方になってきています。数字が苦手だと競馬予想をするのは大変かもしれませんが、ある程度慣れてくればポイントをおさえられるようになってきます。ですので競馬予想をするなら、数字と真正面から向き合わなければいけないのです。

-記事
-,

スポンサーリンク