デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

競馬予想の華、ハンデ戦

2018/07/25

考えてる人

競馬の予想にはそれぞれの流儀があって、話を聞いていると面白いものです。一般的には、馬の実力や調子、ジョッキーの腕前といったファクターで予想していくものでしょう。

しかし、パドックで仲良くなったおじさんいわく「馬の目を見るんだ」そうです。「やる気かどうかを目力で判断するんだ」と、ベテランらしいしたり顔で解説していました。

確かに、ノーマークの馬が直線一気を決めることもあれば、人気馬があれよあれよとズルズル後退することもあります。あれが「やる気」の有無というものなのかもしれません。

もっとも、おじさん外してましたけどね。それはともかく、競馬予想で難易度が高いのは、何といってもハンデ戦でしょう。ハンデという目に見えるカタチで人の手が加わっているので、馬との勝負というより、人と人との頭脳戦といったところでしょうか。

本当のところは不明ですが、だいたい1キロあたり1マイルで1馬身と計算すると、ハンデの中身を分解できると言われています。53キロ背負っている馬に、54キロ乗せて1マイルを走らせると、同じ馬でも1馬身遅れるということです。

そしてそこからが主催者の、ハンデキャッパーの腕の見せ所。持ちタイムや近走成績を見ながら、上手いこと数字を操り、好勝負になるように調整していきます。ゴールラインで見事に横一線になったら、面目躍如というわけです。

つまり、人為的に大混戦が演出されているのですから、投票するこちらはたまったものではありません。しかし、それだからこそ頭脳勝負になり面白いとも言えます。

まず注目すべきはジョッキーでしょう。ジョッキーの腕前はハンデに入っていませんし、ここ一番で鼻差を制する勝負運びが求められます。首の上げ下げで着順が決まりかねないのですから、一完歩を調整できる微妙な手綱さばきが重要です。

また、大混戦になると分かっているのですから馬の性格もヒントになるでしょう。横に並ばれるとプシュ~と力が抜けてしまうようなタイプは、最後の最期で勝ちきれない可能性が高くなります。いわゆる勝負根性のある馬がハンデ戦にでてきたら注目しておいたほうが良いかもしれません。などとウンチクを述べてみても、やはり難しいハンデ戦です。

ある意味で、競馬の世界におけるプロ中のプロであるハンデキャッパーの腕前を、何度味あわされたことか分かりません。ゴール前で起こる絶叫と悲鳴を、きっとどこかで楽しんでいるのでしょう。けっきょく最後は「馬の目を見る」しかないのかもしれません。

-記事
-, , ,

スポンサーリンク