デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

競馬予想の移り変わり

2018/07/25

パソコンとお札

競馬予想の方法は、以前に比べ大きく変化を遂げています。

かつての競馬予想と言えば、競馬新聞やスポーツ新聞の競馬欄に掲載されている馬柱やコメント、調教などを参考に予想するのが一般的でした。また、今でも一部の地方競馬場に極稀に現れる「予想屋」という人から、お金を払って予想を購入するという方法も存在していました。

しかし、1990年代の中盤以降、インターネットの普及が徐々に進むにつれ、競馬新聞に取って代わる媒体や予想方法が出現し、競馬予想もITの時代に入りました。

それまではスポーツ新聞や競馬四季報、競馬専門雑誌など一部の媒体でしか詳細な情報を得られなかったのが、誰でもインターネット上で多くの情報を得ることが可能になりました。

得られる情報はニュースなど速報的なものから、個々の競走馬の成績や調教内容のほか、週末には馬柱やオッズが提供されるなど、ありとあらゆる情報を入手できるようになり、競馬ファンの予想方法も急激に変化しています。

その代表的な例が「JRA-VAN」などの競馬データ提供サービスです。それまでの競馬ファンは与えられた無機質な情報を「見る」だけだったのが、加工済みの一歩進んだ情報を入手できる様になりました。近年の一部の競馬ファンはこれだけに留まらず更なる進化を遂げています。

競馬データ提供サイトによって加工された情報をそのまま利用するのではなく、それを基にいろいろなデータを付け足し、自分なりにカスタマイズして使用する人も増えています。

例えば、スピード指数を自作して、表示項目に付け足すのもその一例です。

また、カスタマイズだけに留まらず、元となる膨大な競馬に関するデータの羅列だけを入手し、情報の加工から整形までを自らの手で実行する競馬ファンは少なくありません。

JRAによるレース映像の公開も競馬予想に変化をもたらしています。昔はレース中に一部の出走馬に不利があったとしても、レースの確定後に流されるパトロールフィルムを参考にする以外方法が無く、不利情報を得るには競馬新聞や専門雑誌に頼る以外方法がありませんでした。

JRAの公式サイト上でも、一部のレースのみしか公開されていませんでしたが、グリーンチャンネルで全レースのパトロールフィルムが毎週放送されるようになり、現在は公式サイトでも全レースについて公開が行われています。だれもが多くの情報を、しかも同じ情報を入手できる時代にはいりましたが、それは同時に予想能力を試される時代になったとも言えそうです。

-記事
-, , ,

スポンサーリンク