デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

競馬の魅力の源泉の馬券について考える

2018/07/25

競馬の魅力を語る上で外せないのは勝馬投票券のことです。勝馬投票券が正式な名称ですが、実際には簡単に馬券と呼ばれることがほとんどです。馬券なくして競馬を語ることはできないと言ってもいいほど、競馬と馬券は深い関係にあると言えます。

もちろん、馬券を買わなくても競馬を楽しむことができますが、馬券を購入して競馬を楽しむと競馬の楽しみは二倍にも三倍にも増幅されることになります。思い出のレースなども、あの時にはあの馬を購入して大きく稼がせてもらったとか、あの馬さえいなければ大儲けできたのに、などプラスアルファの思い出になるのです。

私が競馬を始めた頃には単勝、複勝、枠番連勝と言う3種類の馬券しかありませんでした。現在では9種類の馬券がありますから、実に馬券の種類は3倍にも増えたということです。

もちろん、9種類の馬券がある現在の方が馬券の魅力という意味においては3種類の馬券しかなかった頃よりも上であるといえます。しかし、3種類の馬券しかなかったからと言って馬券と競馬を楽しめなかったかと言えば、全くそんなことはありませんでした。限られた馬券の種類でも十分に楽しめました。

例えば、「万馬券」の価値です。3種類の馬券しかなかった頃には馬券を購入する人の目標は死ぬまでに一度は万馬券を的中させたいというものでした。実際に競馬が開催される上で万馬券が出ることはかなり稀で、万馬券を購入することなどは夢のまた夢でした。

しかし、現在の増えた馬券では配当が万馬券であることは毎レースに近く、十万馬券や百万馬券などもそれなりに散見されています。馬券の種類がインフレになっただけではなく、配当金もどんどんインフレになったということでしょうか。

それでも、欧米の競馬における馬券にはもっとすごい配当のでやすい馬券の種類がありますから、日本の競馬にもそれらが取り入れられることになれば、もっと馬券のインフレ化が進んでいくのかもしれません。それも時代の趨勢と言えるのかもしれません。

ただし、私自身の感想を言わせてもらえば、馬券の種類が増えたからと言って馬券の購入額が増えたということはありません。

馬券の種類が増えることがダメだということはありませんが、馬券の種類を増やすことによって競馬の魅力が増えるということはあまりないのかもしれません。人間というものは限られた条件の中でもしっかりと遊んだり楽しめたりできるものなのかもしれません。

-記事
-,

スポンサーリンク