デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

競馬における調教の見方は人それぞれで違う

2018/07/25

紙を指さす男性

競馬における調教は、関係者やファンの中でもその考え方がかなり分かれます。調教を重視して予想を組み立てる人もいれば、ほとんど考慮しないで予想する人もいます。競走馬がレースへ出走するためには、調教して体を仕上げていかなければなりません。

人間でもそうですが、きちんと走れるようにするためにはそのための運動をしなければならないのです。また、厳しいレースでも耐えられるようにするためには、強靭な心肺機能と強い脚力が必要になります。そのためにはコンスタントに調教で体に負荷をかけていき、徐々に強化していかなければレースで勝つことはできません。

調教にはさまざまなコースがあり、その内容によって競走馬に与える影響はまったく違ってきます。今は坂路での調教が主流になっていますが、それ以外でもウッドチップ、ダート馬場、プールなどの調教方法があります。それぞれにメリットがある調教ですので、競走馬の状態に合わせながら競馬に向けて仕上げていきます。

競馬の予想をするファンとしては、調教でどんなタイムを出したかが参考になります。

当然良いタイムを出していれば気合十分で絶好調だろうと予想できるのですが、この考え方は完璧ではありません。なぜなら、いくら調教で好タイムを出していたとしても、それがレース結果にすべて反映されるとは限らないからです。俗に調教大将と呼ばれるような競走馬は、調教で好タイムを連発する競走馬です。

調教で惚れ惚れするような快走をすれば、レースでもつい本命印を打ちたくなります。ですが、調教のような走りを見せることなくレースでは惨敗してしまう馬が意外とたくさんいます。ですから、調教の様子やタイムだけでレースを正確に予想するのはとても難しいです。

ただ、新馬戦前の調教に関しては、ある程度強めにやっていないと好走が期待できません。これは競走馬どうこうより管理する調教師が、新馬勝ちを狙っているかどうかの目安になります。新馬勝ちを狙っている調教師なら目一杯に仕上げてきますし、とりあえずレース慣れさせるのが目的で勝つことは二の次と考えている調教師ならそれなりの調教しかしてきません。

ですので、新馬戦の場合は調教をどれくらいやるかが予想の参考になります。

ただ、それとて絶対そうだというわけではなく、たとえ調教を軽めに行ったとしても調教師も予想していなかったような激走をする競走馬もいます。つまり、調教は競馬の大事な要素ですが、それだけですべてを判断することはできないのです。

-記事
-, ,

スポンサーリンク