デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

競馬で上位人気馬同士での決着が少ない理由

2018/07/25

考えている男性と女性

競馬のレースにおいては各レースで単勝人気というものが存在し、一般的にファンや評論家の間でそのレースで実力的に上と評価された馬から順に人気が決まっていきます

毎週競馬に注目しているファンや評論家が各馬の実力を見極めるということで、大きな部分ではその評価は間違っていないとも言えます。

つまり、大半のレースでその見立て通りのレース結果になってもおかしくないと言えるのですが、競馬の結果はそのような単純な理屈では決まらないのが難しい所です。

難しいがゆえに書店には様々な必勝本が書かれた本が並んでいますし、専門紙やスポーツ紙の予想も、それぞれ独自の視点で展開されていて、見解が分かれてるわけです。

人気馬同士で決着がしにくい例をあげてみますと、人気上位馬に差し馬が多いレースがあります。こういったレースでは逃げ、先行馬は比較的人気の低い馬になるため、そのレースで騎乗するジョッキーは先行馬の大半は最後の直線で失速すると考えます。

しかし、こういった予想に反し、先行馬がハイペースで競り合わずにレース前半が流れることがあります。前半のペースが落ち着くと後方に位置している有力各馬は前の馬に残られてしまう懸念を持ちますが、同じような位置に他の有力馬もいるため、自分の馬だけが仕掛けて先行馬をつぶしにかかることを嫌うのです。

早めに脚を使うことで自分が乗っている馬がゴール前で失速するする懸念を持つからなのですが、こういった考えを後方にいる人気上位の差し馬のジョッキー全てが持った場合、各馬とも仕掛けが遅れてしまうのです。

もたもたしているうちにスローペースで脚を残しながら、先行した各馬が戦前の予想以上に粘り、いわゆる「いったいった」の決着で大穴になってしまうという訳です。

残り100メートルで外から人気の差し馬各馬が猛然と追い込んできたものの、その中の1頭が3着に滑り込むのがやっとで、前の2頭の人気薄の逃げ、先行馬に届かないというケースです。ジョッキーの立場になってみますと、2番人気や3番人気の馬のジョッキーは勝つために1番人気の動きを気にしながら騎乗しています。

一方、低人気の馬はとにかく自分の持っている馬の実力を最大限に発揮させようと捨て身でレースをすることも多いため、こういった策が功を奏して好走に繋がることもあるわけです。

馬番連勝の馬券で「ヒモ荒れ」というケースはよくありますが、人気のない馬が好走する理由も知っておきたいものです。

-記事
-, ,

スポンサーリンク