デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

競走馬の能力とペースの関係

2018/07/25

虫メガネとペンとグラフ

競馬のレースは能力通りに決まることもありますが、能力が低い馬が勝つこともあり、だからこそ予想は難しくなります。レースの要因を決定するものにペースがあり、ペースと関連するものとして競走馬の脚質や馬場、コース形態などがあります。

一般的には、ペースが速いと能力通りに決まり、遅いほどに人気の無い馬が上位に入り荒れることになります。ペースは、おおまかにスローペース、平均ペース、ハイペースの3つに分類され、競馬用語として頻繁に使用されており、予想の重要なファクターの一つでもあります。

このペースを決定する大きな要因の一つである競走馬の脚質は、個々の競走馬の能力と関係し、トップスピードの遅い馬ほど逃げ、もしくは先行するなど馬群の先団に位置することになります。中でも一番先頭を走る逃げ馬は、ペースを握る重要な存在です。

しかし、逃げ馬が作るペースは、逃げ馬のタイプやコースによっても異なるため、競馬場やコース形態も含めて総合的に判断しなければなりません。

逃げ馬のタイプは、後続を引き離して逃げるタイプと、ためて逃げるタイプの2通りに分けることができます。前者はコース形態に関係なく序盤から飛ばして行くため、このような馬が出走した場合、ほとんどのレースでハイペースとなります。

但し、開幕週やコース替わりなど、時計が出やすい高速馬場の状態では注意が必要です。例えば、1000m通過が1分ちょうどだったとしても、開催後半の荒れた馬場と開幕週の馬場では意味合いが全く異なるため、馬場状態によるケアも重要となります。

後続との距離をとることなく、2番手以下を引きつけつつ先頭を走る「ため逃げ」タイプは、コース形態や出走メンバーによってペースが変わります。

例えば、坂の上りの途中にスタートゲートが設置されるようなコースや、スタートしてから直線が暫く続くコースでは、序盤のペースが緩やかになる傾向があります。また、他に競る馬がいれば当然ながら序盤のペースは早まります。

中盤以降のペースもまた、コース形態によって大きく異なります。東京競馬場や阪神競馬場の外回りなど直線が長いコースでは、瞬発力に長ける馬は直線だけで先行馬を捉えやすいことから、中盤はほぼスローペースになります。

一方、中山競馬場など直線の短い競馬場では、先行馬を捉えるため早めに仕掛ける馬が多いことから、中盤以降はペースが速くなりがちです。

しかし、あまりに直線が短いため、後方から追い込んでくる馬の多くはトップスピードに乗る前にゴールを迎えてしまい、多少ペースが速くなっても届かないことが少なくありません。このため、逃げ馬のタイプや馬場状態、コース形態等を考慮してペースを想定し、予想を組み立てることが必須となります。

-記事
-,

スポンサーリンク