デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

牡牝の差を理解した上で競馬予想に臨む

2018/07/25

グーサインをする女性

牡牝の差は競馬予想でとても気になる点です。牝馬限定戦の様に性別が限定されていれば牡牝の差で悩む必要はありませんが、混合戦の場合は力関係の比較をするのが難しくて悩みます。

古馬になると基本的に牝馬は2キロ優遇される事が多いため、そのハンデからしても牝馬のほうが能力的に不利とされています。ですが、すべての牝馬にその考え方が当てはまるわけではありません。ヒシアマゾンエアグルーヴブエナビスタウオッカなど女傑として活躍した馬たちは、牡馬以上の能力を有していました。

牡馬以上の能力がありながら牝馬で2キロ優遇されていたのですから、好走するのは当然です。そして、そんな強い牝馬をいち早く見つけ出せれば、それを競馬予想に活かす事ができます。

牝馬は、一般的に仕上がりが早くて早熟傾向です。2歳戦の早い段階から頭角を現し、3歳クラシック路線を賑わせ、古馬を1年走ったら現役引退となる馬は少なくありません。

もちろん5歳6歳と末永く活躍する牝馬もいないわけではありませんが、後の繁殖生活を控えている事もあり、競走生活は牡馬と比べて短めです。そのため、2歳戦ではよく牝馬が活躍するので、それを競馬予想でも考慮していかなければなりません。

安易に「牝馬だから混合戦は苦しい」と決めつけていたら、馬券を取り逃してしまいます。ザッと振り返ってみても、函館2歳S、小倉2歳S、新潟2歳Sなどの2歳重賞は牝馬がよく馬券に絡んでいます。これらは夏のレースなので、仕上がりの早さに加えて牝馬が暑さに強いのも好走の要因です。

この傾向を頭に入れておけば、各2歳Sでは牝馬にすんなりとスポットを当てる事ができます。

ただ、牝馬の中には牝馬限定戦のみ好走する馬がいますので、それは競馬予想で常に気をつけていなければなりません。牡馬相手になると牝馬同士での実績が嘘みたいにコロっと負けてしまったりしますから、特に牡馬初対戦となるレースでは無条件に信用すると期待ハズレに終わる場合があります。

牡牝の差はあくまで大枠でとらえている事ですから、それが絶対というわけではありません。牝馬で仕上がりの遅い馬もいれば、夏に活躍しない馬も中にはいます。

そこは馬ごとに個性を見極めなければいけないのですが、それ以前の予想段階では牡牝の差からまず予想してみるのもおもしろいです。それによって競馬予想がズバリ的中するパターンもありますので、それができれば馬券は当たりやすくなります。ですので、牡牝の差をよく理解した上で競馬予想に臨んだほうが良いです。

-記事
-, ,

スポンサーリンク