デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

毎年楽しみの多い中山牝馬Sの予想について

2018/07/25

勉強する人

競馬のレースは荒れやすいレースとそうでないレースがあります。競馬ファンの間で荒れやすいレースとして認識されているのは、ハンデ戦、牝馬、悪天候施行回数の少ないレースなどです。特にハンデ戦や牝馬のレースは、あまりすんなりと決まる印象がありません。

毎年3月に行われる中山牝馬Sは、このハンデ戦と牝馬のレースという両方の条件を満たしています。しかも、何かと荒れやすい中山コースで、非根幹距離の1800mのレースです。これだけ荒れる条件がそろっていれば、堅く決着するほうが珍しいといえます。

加えて古馬牝馬の重賞はこの時期繁殖入りを見すえられていてラストランになることも多く、そうした要因も重なるとなおのこと予想が複雑化して一筋縄ではいかなくなってしまいます。

そもそも牝馬は調子の波が激しいため、過去の実績からハンデを背負わされた馬は不利です。仮に調子落ちしているのに重いハンデを背負わされてしまったら、泣きっ面に蜂です。

そうした馬が過去に敗れたケースがありますので、予想をするうえでは参考にしていきたいです。ただ、軽ハンデの馬ならそれで良いのかというとそうでもなかったりしますから、さらにややこしいです。ハンデが軽ければ好走しやすいのは確かなのですが、だからといってオープン馬になっていない馬でもバンバン連対できるのかといえば、そういうことでもないのです。

さらに枠の内外でいえば内枠の馬が有利なはずなのですが、そればかりに気を取られていると他のことを見落として本命を間違えてしまったりすることがあります。

枠の内外は距離損にかかわることなので、重要なファクターではありますが、それだけで本命を決めつけてしまうとよくありません。

また、騎手についても考慮したうえで競馬予想をしなければならないです。中山の1800mですからそのコースを多く乗っている、関東のベテラン騎手には注目しなければならず、巧みな騎手の技術で上位に食い込んでいる馬がいないかどうかを踏まえて予想をすべきです。

中山牝馬Sは時に馬連万馬券にもなるレースですので、穴馬券狙いの予想家の期待が大きいレースです。さらに3連系の馬券は超特大馬券になる事もありますので予想のし甲斐があります。

また、ハンデ戦で牝馬同士のレースは紛れが起こる可能性が他のレースより高いので、総流しでカバーするのも有効な馬券術です。そうしてあの手この手を使って予想したうえで、的中させられれば喜びも大きいですし、毎年楽しみの多いレースです。

-記事
-, ,

スポンサーリンク