デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

勝つときも負けるときも派手なレースになりやすい逃げ馬

2018/07/25

ガッツポーズする女性

競馬において逃げ馬は、勝つときと負けるときでレースぶりが全然違います。勝つときはまさにレースそのものをコントロールし、時には何馬身も離して勝ったりします。

後続の追撃を寄せ付けず、圧倒的な強さを見せます。反対に負けるときは直線早々で早めにつかまってしまい、掲示板にすら載らない大敗を喫することもあります。逃げ馬は勝つか負けるか結果がはっきりしやすいので、2着3着に残るような結果にはなりにくいです。

その競馬ぶりはとても不安定ですので、関係者が「先行策に切り替えてみては」と先行策を試すことがあります。もともと先行しても落ち着ける馬の場合は、その方針転換が功を奏すことも珍しくありません。

しかし、気性が荒々しい生粋の逃げ馬は、2番手3番手で先行すると逆に走る気を失ってしまい、良いところがまったく出ないことがあります。

それではレースで勝てませんので、利口な作戦の先行策より不安定ながらも逃げ一手のほうが好走する確率は実は高くなります。ただし、たとえそうだとわかっていたとしても、毎レース逃げ馬の都合よくレース運びができるわけではないのです。

まず、逃げなければ勝利を手にできないとわかっているわけですから、騎乗している騎手にはスタートで相当のプレッシャーがかかります。出遅れればその馬が勝つ可能性は極端に低くなるのですから、出遅れだけはしてはならないというプレッシャーがかかります。

また、たとえ好スタートを切れたとしても、枠順が外枠だったら、インコースをとるために距離損をしてしまいます。しかも最短コースで内側に切れ込めば斜行になってしまいますので、徐々に進路を切り替えなければなりません。

馬に騎乗してコントロールするのはどんな馬でも難しいといわれていますが、逃げ馬の場合は騎手にかかる負担がさらに大きくなるでしょう。

そのため、逃げ馬は好走するか否かが非常にはっきりしていて、馬券を買う側もそれを覚悟したうえで買わなければいけないのです。ただ、逃げ馬はスタートさえ上手く切ることができれば最初から先頭に立ちますので、レースでわかりやすいという利点があります。

逃げ馬以外は馬群の中に入ってしまったら、どこを走っているのか一瞬見失う事があります。

逃げ馬ならそんなことはありませんし、スタミナがなくなって下がってくれば良くも悪くもすぐにわかります。そんな儚いところが逃げ馬の魅力で、馬券を買うと心臓が跳ね上がるくらいドキドキできて楽しいです。

-記事
-, ,

スポンサーリンク