デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

初心者が競馬予想を当てるためのコツ

2018/07/25

OKサインをする女性

ただしてるだけでも面白い上に、予想が当たればさらに面白いもの、それが競馬予想です。この競馬予想、漠然と予想しているだけでは、なかなか当てることが出来ません。予想を当てるためには(そして予想で儲けるためには)あるコツが必要なのです。

そのコツは、人気馬でも穴馬でもない、中堅クラスの馬を軸に予想を組み立てることです。なぜ人気馬ではなく中堅クラスの馬を軸にするのか、疑問に思われる方もいるでしょうが、競馬のシステム上、人気馬が勝っても倍率が低いので、あまり儲けることが出来ません。

なのであまり人気がない馬を狙って馬券を買うべきなのですが、実力が足りない穴馬を軸にして馬券を買っても当たりません。なので、本命というには足りない対抗レベルの馬から、中堅クラスの馬に絞って馬券を買うのが、もっとも効率のよいやり方なのです。

このやり方で予想を進めると、強い本命馬と、人気・実力が足りない穴馬をはずすことができるので、14頭立てのレースだと、6頭~8頭ほどの馬だけを考えて予想することが出来ます。

このうち距離の得手・不得手や調子の良さなどを考えると、その半数は脱落するので実質は3頭~4頭ほどに狙いを絞って馬券を買う事が出来ます。そうすれば複勝で買うにしても馬連で買うにしてもだいぶ当てやすくなるので、初心者はこのやり方で馬券を買うとよいでしょう。

中堅クラスの馬を中心に馬券を買う、これがもっともコスパのよい馬券の買い方であることは間違いありませんが、このやり方にはひとつだけ欠点があります。

それは、あまり勝率の高い馬券購入法ではないということです。

このやり方は、勝率よりオッズの高さ(つまり馬券が当たった時に払い戻される金額の多さ)を重視した購入法なので、馬券を当てて勝ちたい(儲けはあまり重要ではない)と考える人にとっては、あまりスカっとしない買い方であることは確かです。

そういう人の場合、本命馬と対抗馬を中心にして馬券を買う、従来のオードソックスなやり方をしたほうがよいです。このやり方で馬券を買うことで(どれだけ儲けられるかはともかくとして)当てやすくなることは確かなので、予想を当てる快感を味わいたいなら、中堅クラスの馬には手を出さない方がいいでしょう。

競馬予想をする上で大切なことは、当たった時の儲けを重視するのか、それとも馬券を当てて勝ちたいのか、それをはっきりさせることです。儲けを重視するならコスパのよい馬券の買い方をすればいいですし、勝ちたいなら、本命馬を中心に馬券を買うといいです。

自分がいったい何をしたいのか、それを考えることから、競馬予想が始まるのです。

-記事
-, , ,

スポンサーリンク