デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

今後の海外競馬を予想するポイントについて

2018/07/25

ポイントの手

日本時間での3/26深夜にドバイでは、毎年恒例である競馬のドバイ国際競走が行われました。

ドバイ国際競走自体は確かに毎年恒例なのですが、日本馬が海外で出走するレースに限り日本でも馬券を買えるようになって初めてのドバイ国際競走だったこともあり、競馬のレース結果以外にもそのことが注目されていました。

結果だけをみれば、同じように1日に何レースものGⅠが行われる、香港国際競走よりは売り上げが落ちましたが、夕方に行われる香港国際競走と比べて深夜だったことや、芝に関しては日本のエース格が行かなかったなど、メンバーという面でおとっていたことを考えると、十分な結果だったといえるでしょう。

ドバイ国際競走で馬券を購入する上でのポイントになることが、今回初めて売り出されたことによりいくつか判明しましたが、その中でも一番大きいのはやはり日本馬の扱いをどうするのかということでしょう。

というのもドバイ国際競走の馬券は世界的に売り出しているという訳ではなく、あくまでもJRAが日本で発売しているだけなので、当然購入する人の大多数は日本人です。

そうすると馬券で人気になる馬は、必然的に日本馬が中心となるからです。例えばメインレースであるドバイワールドカップひとつをみると、ダートでの世界最強馬であるアロゲートが単勝1.2倍の圧倒的一番人気なるのは当然として、二番人気は日本馬のアウォーディーでした。

アメリカのダートの一流馬たちがいる中で、アウォーディーが二番人気だというのは、明らかに過剰人気で日本以外ではありえないことでしょう。逆のパターンですが、ドバイターフについても根本的には同じことがいえます。

ドバイターフは日本馬であるヴィブロスが勝ったのですが、五番人気だったためにそれほど配当が付きませんでした。ただ、出走メンバーをみるとこれもあきらかに過剰人気であり、もしもヴィブロスが日本馬でなければもっと配当が付いたでしょう。

つまり、ドバイ国際競走の競馬予想で本気で儲けようと思うのならば、その攻略法としては、日本馬が過剰に人気を吸っているレースであえて日本馬を外し、予想通り日本馬が馬券圏内に来ないというパターンだということになります。

確かに競馬をギャンブルと割り切って競馬予想を行う上では、これが正しいのでしょう。

ですが、競馬には応援馬券という言葉があるくらいなので、ほとんどの人は日本馬が出走する場合だと日本馬を応援したいと思います。ここをどう折り合いを付けるのかが、ドバイ国際競走を含めた今後の海外競馬の予想をする上での一番のポイントになるのかもしれません。

-記事
-, ,

スポンサーリンク