デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

中山の芝1600mは予想するのが難解だがおもしろい

2018/07/25

ガッツポーズする男性中央競馬の中には、予想をするのに難解なコースが、いくつかあります。

その中でも特に難しいと思っているのは、中山の芝1600mです。ダービー卿チャレンジトロフィー、京成杯オータムハンデ、ニュージーランドトロフィーなど重賞レースもそれなりの数行われる中山の芝1600mですが、どういう結果になるのか予想するのがとても難しいです。

上記に挙げた重賞だけに限らず、条件戦でも予想の難しさを常に痛感しています。例えば、東京の芝1600mで強い競馬をしてきた馬が、中山の芝1600mに出走してきて実績から1番人気になったにもかかわらず、コロッと負けてしまうケースをよく見ます。

これが2着3着に負けるというのなら「展開が向かなかったのかな」ぐらいで結果を受け止められるのですが、そうではなくて惨敗することもあるのですから本当にわかりません。

しかも、人気薄になっている馬が上位を占めることもあり、大万馬券が飛び出すことも少なくない施行条件です。もう競馬を何年とみてきているのですが、それでもこれといった予想のコツは特にありません。基本的に内枠有利、逃げ有利というのは中山の芝1600mに限らず、中山競馬場の芝コースすべてがそうなので、そこは予想で気をつけるようにしています。

しかし、それも絶対そうだというわけではなく、外枠の馬が好走することもあれば、追い込みが届くこともあります。中山の芝1600mはどんなレースになるのか皆目見当がつかないので、レースを観戦しているときはとてもハラハラしてしまいます。

そして、本命馬があっさりと馬群にのまれてしまうこともあり、そういうときはさすがにガックリと肩を落とします。ただ、予想するのが難解なレースだけあり、馬券を的中させやすいコースでもあります。だいぶ前の京成杯オータムハンデですが万馬券を的中させたことがあるのですが、現金なものでそのときは「ありがとう中山の芝1600m」と思ったものでした。

外回りコースですのでそれなりに差し追い込みが届きますが、ゴール前の急坂でブレーキをかけられる馬が多いです。また、好位先行から抜け出すという王道パターンの競馬が、いかにも通用しそうであまり通用しないのもトリッキーさに拍車をかけています。

さらに、後方で脚を溜めまくった馬が直線だけの競馬で差し切るなど、どうなるかわからないという意味では、中央競馬の全コースの中でも一二を争っていると思います。

それで、ハンデ戦ともなるともう荒れる要素しかないですが、だからこそ、予想するのに気合を入れてのぞみたくなるコースといえるでしょう。

-記事
-, ,

スポンサーリンク