デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

一口馬主になることで競馬とより深く関われる

2018/07/25

手のひらにお金

競馬が本当に大好きな人なら、1度ぐらいは「馬主になってみたいなあ」と思うはずです。愛馬が競馬場を走って1着になる瞬間を目の当たりにするのは、馬主になる醍醐味のひとつです。

新馬戦はもちろんのこと、重賞、日本ダービーやジャパンカップ、さらには海外遠征など、馬主になると競馬に対する関わり方がまったく違ってきます。

しかし、中央競馬で馬主になるためには、非常に高い収入の基準をクリアしなければなりません。まず一般のサラリーマンでは無理ですし、相当仕事で成功している人でなければ馬主にはなれないのが現状です。しかし、一般のサラリーマンでも馬主気分になるチャンスがあります。それは一口馬主です。

サンデーレーシング、キャロット、シルクなどは、よく耳にする馬主の名前です。これらはクラブ馬主の代表格で、会員になりさえすれば一般の人でも馬主気分を味わうことができます。

クラブ馬主は一口の出資額が決まっていて、目をつけた馬に出資をすることで一口馬主としての権利を得ます。かかるお金は、クラブの運営費に出資した馬の維持費などです。

これらにお金が継続してかかりますので、一口馬主になるためにはある程度の収入が必要です。ですが、一人で馬主になるよりはずっとハードルが低いので、競馬ファンが現実的に馬主気分を味わうなら、一口馬主になるのが妥当な選択です。

一口馬主になれば、出資した馬は一部分かもしれませんが持ち馬になります。

デビューまでドキドキしながら成長を見守り、新馬戦をはじめとしたさまざまなレースで思い入れながら観戦することができます。それは馬券を買って応援するのとはまったく違う観戦のしかたで、競馬に深く関わることができると思います。

また、一口馬主で出資した馬がレースで賞金を獲得すれば、配当を受け取れます。

口数によって配当は分割されますが、それまでに出資した額を上回ってプラス収支になるのは思いのほか難しいです。まず無事にデビューできるかどうか、さらに活躍できるかどうかは、競馬の神のみぞ知る世界です。

ただ、将来がわからないからこそ、愛馬がGⅠをはじめとした大レースを制する可能性も、決してゼロではありません。ですので、一口馬主でも十分夢を持つことはできます。

また、配当以外にもやはり愛馬が走るたびにドキドキしながら結果を見守る楽しさがあります。まずは無事に走り切ってくれて、そして勝って賞金を獲得してくれれば言う事なしです。

そんな楽しさが一口馬主にはあるので、機会があればクラブへの入会を検討してみましょう。

-記事
-, , , ,

スポンサーリンク