デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

ハンデ戦における競馬予想の難しさとは

2018/07/25

ノートからでてくるマーク

一般的にハンデ戦というものは、競馬予想の難しいレースだといわれています。

というのもそもそもハンデというもの自体が、強い馬には重いハンデを課して弱い馬にはあまりハンデを課さないというように、競走馬の能力をハンデにより均一にして競馬予想を難しくするために行われているからです。つまり適正なハンデが課されている場合には、どの馬が来てもおかしくないレースになるということでもあります。

このようなこともありハンデを決めるハンデキャッパーには、馬の能力を見極める目が特に重要となっています。したがってレース後に明らかにハンデが間違っていたと判明したときなどは、色々な掲示板でハンデキャッパーが叩かれることがあるくらいです。

新年一発目の重賞である金杯は、そんな競馬予想が難しいハンデ戦で行われているレースです。金杯は京都金杯と中山金杯というように、東西で同じ金杯の名を持つレースが同時に行われるという、中央競馬でも唯一のレースとなっています。

ただ同じ時期に行われる同じ金杯という名前にも関わらず、レースの距離やレースが行われる競馬場が違うからか、京都金杯は比較的荒れ気味なのに中山金杯は比較的荒れないという不思議な結果になっているレースでもあります。

例えば京都金杯では、馬券圏内には軽ハンデの馬がよく来ており、どんな馬にもチャンスがあるレースになっています。そういう意味では京都金杯は、ハンデキャッパーが機能しているレースだといえます。その為配当の方も毎年全体的に高めになっており、3連複でもだいたい万馬券が出ているくらいです。

去年の京都金杯などは53キロという軽ハンデのウインプリメーラが勝ち、13番人気のテイエムタイホーが2着に来たことで、三連複で6万3710円、三連単だと34万7310円とかなりの高配当になり、新年早々景気のいいレースとなりました。

一方の中山金杯に関しては、ここ数年を見ても二桁人気の人気薄の馬が来ていないどころか、1番人気の馬もよく馬券に絡んでいます。去年などは人気の馬で決まった為に、三連複は2番人気の1850円、三連単でもなんとか万馬券の1万1190円にしかなりませんでした。

競馬予想をする側からすれば、あまりやりがいのないレースだともいえるでしょう。

このようにハンデ戦における競馬予想においては、出走馬の能力やレース展開の予想以外にも、出走馬に課されているハンデが正しいのかどうかも予想に加味する必要があります。その分競馬予想は難しくなりますが、予想が的中したときのうれしさは、他のレースよりも大きくなるのかもしれません。

-記事
-, , ,

スポンサーリンク