デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

ジャパンカップに見る競馬における騎手の駆け引きとは

2018/07/25

グラフ表

先日行われたジャパンカップは勝ちタイムが平凡だったということもあり、展開がうまくはまった武騎手騎乗のキタサンブラックが、楽に逃げることができただけのつまらないレースだと言う人がいます。ただ長いこと競馬を見ている人などにはそれとは違った感想を持っている人もおり、それぞれの騎手による高度な駆け引きが見られる面白いレースだったと言います。

ではこのレースにはどのような駆け引きがあったのかといえば、それは今年の宝塚記念にまで遡ります。この宝塚記念ではキタサンブラックは3着に敗れるのですが、それは逃げ馬であるこの馬を逃がさないように多くの馬が絡んできために、殺人的なハイペースになってしまったことが原因としてあります。

ただ絡んできた他の馬は二桁着順に惨敗している中、この馬だけが勝ち馬と差のない3着に来たことにより、負けたとはいえ結果的にはこの馬の強さを証明するレースになりました。

ジャパンカップでキタサンブラックが先手を取ったときに、その直後に付けた馬はワンアンドオンリーでした。この馬はその宝塚記念でキタサンブラックに絡んで行き、14着と惨敗をした馬だったのです。武騎手はワンアンドオンリーが再び絡んでこようとしたときに、一気にペースを上げたのですが、この時にワンアンドオンリーの田辺騎手は、それについて行った宝塚記念がどうなったのかが頭をよぎったのでしょう。

そのため今回はここでついて行くことができませんでした。ある意味ここでの駆け引きで、ほぼ勝利が確定したのかもしれません。そして、次のポイントは最後の直線です。

ジャパンカップは前半のペースを見ても、馬場が悪化していたことを考慮してもスローペースだといえます。こういうレースでは上がりのタイムが早くなるのが普通なのですが、ジャパンカップに関しては上がり最速に33秒台がいないという変わったレースになっています。

何故こうなったのかといえば、武騎手が直線の長い東京競馬場ではタブーとされているロングスパートを仕掛けたからです。最後の直線に入ってすぐに武騎手が仕掛けたことにより、後ろの馬は置いていかれないように早仕掛けになってしまい、そこで足を使わされ上がりの競馬ではなくスタミナのいるタフな競馬にされたのです。

2番人気のリアルステイールなどは元々スタミナ面に問題があったためにここで脱落してしまいました。このようにキタサンブラックの武騎手が完璧な騎乗をしたからこそのこの結果です。

たまたま展開がはまったのではなく武騎手がこういった展開を作ったレースだといえます。こういった駆け引きまで分かる様になれば、より競馬を楽しむ事ができるようになるでしょう。

-記事
-, ,

スポンサーリンク