デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

ジャパンカップでの競馬予想のポイントとは

2018/07/25

考える男性

今回のジャパンカップでの競馬予想は、かなり難解なものとなっています。というのもこれといった主役の馬が不在となっているからであり、同時に不安要素もある為です。

とはいえこれはジャパンカップに限った話という訳ではなく、今年の競馬全般に言えることでもあります。古馬では去年の二冠馬で今年の主役になると見られていたドゥラメンテが、春は1勝もできずにそのまま引退してしまい、3歳勢は三強がそれぞれ三冠を分け合ったように、これといった主役と呼べる馬がいなかったといった感じです。

秋競馬は特にその傾向が強く、菊花賞こそ主役のサトノダイヤモンドが強い競馬を見せましたが、それ以外はスプリンターズS・秋華賞・エリザベス女王杯・マイルCSと1番人気がことごとく飛んでいます。また天皇賞(秋)のように結果的に1番人気が勝ったとはいえ、不安要素が大きかった為にそこまで人気じゃなかったなど、競馬予想をする側からすればとにかく難解なレースが続いていると言えます。

そんな中今回のジャパンカップなのですが、レース当日どころか出走直前まで1番人気すら分からないのではないかというくらい人気が割れています。

多分騎手人気からも最終的にはリアルスティールが1番人気になりそうですが、キタサンブラックとゴールドアクターのどちらが2番人気になるのかは想像もつかず、そもそも当日の馬体重などでそれも変わってきそうです。では何故このようになっているのかといえば、人気のある3頭それぞれに不安要素があるからです。

リアルスティールに関して言えば、ドバイでのGⅠ勝ちがあるとはいえ、そもそも日本のGⅠで勝っていないということが挙げられます。

確かに初めてのマイルだった安田記念を除けば、成績自体は常に安定しているのですが、逆にいえば決め手に欠けるともいえます。前走の天皇賞(秋)は2着だったとはいえ、7番人気といまいち人気をしていなかったことからも、どこまで信用できるのかといった不安があります。

キタサンブラックに関しては、同じ東京競馬場のダービーで14着に惨敗しているという点が挙げられます。当時はローテーションなどの関係から疲労がピークだったとも言われていますが、それにしても少々負けすぎです。

ゴールドアクターに関しては他の2頭と比べて騎手に不安が残ります。本来ならば1番人気になってもおかしくない馬なのですがそこを気にしている人も多いのでしょう。この3頭が揃って来ないという事は考え難いので、馬券的にはそこまで荒れるレースではないのかもしれません。

ですのでジャパンカップの競馬予想においては、どの馬を軸にするのかが鍵になるでしょう。

-記事
-,

スポンサーリンク