デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

アナログ競馬予想とデジタル競馬予想の融合

2018/07/25

眼鏡と携帯とキーボード

競馬ファンの中で良く聞かれる言葉の中に「予想上手の馬券下手」という言葉があります。

この言葉には2通りのタイプがあり、ひとつは予想の精度は高く的中はしているものの買い目の多さや配当面などの問題で的中率は高いのに回収率はマイナスというパターンと、予想段階では1レースで賭ける金額が高額であったり、追い上げなどを利用する事で毎月高い回収金額になる予想でも、実際の馬券購入でははるかに小さな金額になってしまったり、追い上げの段階で金額があがるにつれて精神的に負けてしまい馬券の購入金額を減らしてしまうようなパターンがあります。

どちらも回収率がマイナスになっていれば、競馬では負けていますが、少なくとも的中する力があるのは事実です。おそらくこれらの予想も工夫や妥協点などを見つける事で充分に回収率を上げる事が可能になるといえます。

競馬予想の段階で的中を目指すのが最初のステップである以上は、できるだけ精度をあげていきたいのは、多くの競馬ファンが望む事だと思います。

その時に利用できるのがデータ面を駆使したデジタル競馬予想になります。但し単勝人気をデータとして扱うのはあまり適当だとはいえません。何故なら、単勝人気は発売時間からどの段階のオッズや人気を利用するのかで正確なデータとしての活用は難しくなるからです。

これに代わるデータとして利用価値が高いのはスピード指数やコンピ指数などの数値化されたデータになりますが、この数値をもとに機械的に馬券を購入するのではまだ予想としては不十分なので、次に加える要素がアナログ競馬予想の出番になります。

アナログ競馬予想といっても、馬と会話が出来るわけではありませんし、パドックをみて確実な判断ができるほど優れた知識や経験があるわけではありませんが、数多くのレースを実際に観る事で自然に得られる経験値のようなものや、自信につながる何かが存在するはずです。

デジタル面は、騎手や調教師のリーディングやコースの得手不得手などの判断として馬の能力同様にデータ化できる事なので、予想の基盤部分に存在するものに良い方法だと思います。ある程度の部分までは、機械的な流れで予想をできる方が良い成果にもつながります。

残りの部分をこれまでの経験や自分の感覚である、アナログ的な要素で決める事になりますが、既にこれまでの競馬予想で的中を導き出す事が出来る人の予想であれば、更に絞ったデータと経験から得られる感覚のようなものを融合させて、買い目やレースを選択する事で予想の精度も実際の回収率も上がる事が、期待できるようになります。

レースの選択をするという事は、予想をしたレースも見送る事になるのである意味アナログ予想に部分が活躍している流れになるのだと思いますが、自分のデジタル的に予想をした買い目を疑いをかける事がアナログ的な予想の役目にもなります。

デジタル競馬予想とアナログ競馬予想を組み合わせる事でレースを絞りながら経験を積んでいけば、最終的には自分のオリジナルの予想として活用できるのではないかと考えられます。

-記事
-, ,

スポンサーリンク