デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

体験談

馬券で勝ったお金でコツコツと貯めたコレクション

2018/07/25

四つ葉のクローバー

競馬で馬券購入をするようになってから既に20年以上たったのですが、今でこそほぼ100%自宅からインターネットで馬券を購入しているPAT競馬を楽しんでいます。

以前は月に数度は競馬場に足を運んでいましたが、仕事や家族のことも考えての行動なので午前中だけというのが基本でしたが、そんな中でもたまに1日中いることもありました。

競馬場に行くと1Rから3Rくらいまでのレースを勝負して、残りの勝負レースは購入して家に帰るというのが基本的な競馬場でのパターンでしたが、馬券である程度の的中があった場合には自分にご褒美として競走馬のぬいぐるみを購入するのがひとつの楽しみになっていました。

ぬいぐるみになるくらいの競走馬ですから比較的に人気のある馬で、GIレースをはじめとして重賞レースで勝った経験のある馬がほとんどだったと思います。

手の平に乗るサイズの物から子どもが乗れそうな1メートル近くありそうな大きなものまで種類があるのですが、個人的に購入をしていたのはSサイズのものでした。Sサイズといっても競走馬の特徴的な部分でもある毛の色はもちろんですが、勝利をしたレースの時のゼッケンやメンコなどの装備も、かなりのレベルの高さになっているのが人気の秘密なのだと思います。

ディープインパクトなどのような、人気もあってたくさんの重賞に勝利をした馬はそれぞれのレースでの勝利タスキを賭けたバージョンが発売されているので、揃えているような人もいたと思いますし、特に思い入れのあるレースでの購入というファンも多かったのだと思います。

一方で、好きな馬の中でもGIどころかなかなか重賞にも勝てない馬の場合には本当に応援にも力が入りました。最近発売されていたタイプの物は新バージョンのようで競走馬が座っているようなタイプのようで、どうやら私の持っているタイプは全て旧バージョンの物のようです。

新しい物の方はかわいらしさを重視したような感じになっているので、競馬ファン以外の人でも好むようなデザインになっているように思えます。

競馬場でグッズを販売しているお店で購入をしていたのですが、多くの競馬グッズが販売されている中でもやはり、ぬいぐるみの人気はかなり高かったようですし、今の競馬ファンの間でも集めている人もかなりいるのではないでしょうか。

たしかに競馬の根本はギャンブル的な部分が多く、お金の収支で一喜一憂することになるのは当然ですし、的中をすれば喜びますが、はずれればなんとも言えないむなしい気持ちになることもある、ある意味危険な要素のある趣味なのかもしれません。

そんな中で、好きな競走馬がいるのであれば、勝敗に関係なく買ってしまう応援馬券のような馬券もありますし、私のように競馬の収支は別としてシビアに考えながらもコレクションとして、ぬいぐるみなどのグッズを楽しむゆとりができることが、自然に長く競馬ファンを続けられるのだと考えています。

もちろん、私自身も馬券収支にこだわるタイプですし、競馬ファンでありながら、真剣に馬券を購入している中の一人に属しているのですが、何事も遊びの部分を取り入れることが大切なのかなと思っています。

-体験談
-, , , ,

スポンサーリンク