デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

体験談

金曜の夜は思考の時間であり至高の時間でもあります

2018/07/25

指をさす女性

金曜の夜は何よりも楽しいですね。と言っても、別に飲みに行くわけでも遊びに行くわけでもありません。真っ直ぐに帰宅をして、その帰途に競馬新聞を購入するのです。

そしてそれを広げ、風呂上りにゆっくりと競馬予想をする。これが毎週金曜日夜の習慣となっています。もう何年も続けていますので、今更これをしないことは考えられません。

少し前の流行言葉で言えば、ルーティンというやつでしょうか。競馬予想で最初に行うのが、まずは翌日のメインレースからです。メインレースに出走してくるような馬ですから、基本的には何度も見ていて脚質やキャラクター、さらには何となくの強さも把握しています。

おまけに、メインレースくらいになりますと当週の月曜日から出走予定に名を連ねています。そのため、割とスムーズに競馬予想をすることが出来るのがメインレースんですね。一方で難解になってくるのが、それ以外のレースです。午前中のレースは基本的に未勝利戦が中心になりますので、これはもう殆どの馬を見たことがありません。

そのため、手掛かりは前走成績や騎手の手腕、そして血統の傾向になってしまいます。

しかし競馬の配当だけを考えるのならば、最もアツいのはこのくらいの時間帯のレースと言えるかもしれません。何故なら、何の前触れも無く前走まで大敗していたような馬が突如激走をしたりするからです。稀に数百万円、もしくは一千万円を超えるような配当が出たりしますが、往々にしてそのような配当が飛び出すのはこの時間帯のレースなのです。

もっとも、予想する側としては勘弁してくれと言いたくなるような結果の連続になりかねませんが。午後のレースは午後のレースで、それなりに難解だったりします。

何故なら、この時間帯も条件戦が主になりますので、あまり見たことの無い馬が多いからです。とは言え、条件戦クラスになればある程度馬のキャラクターが固まっていますので、さすがに午前中ほど難しいわけではありませんけどね。

さて、そんな競馬予想ですが、前日に予想をしないレースが一つだけあります。それは最終レースです。最終レースは、当日のメインレースが外れた時のみ予想をするようにしています。これが最後のチャンスなわけですから、それはもう必死です。

それまでのレースの傾向を思い出し、この日はどのような脚質の馬が着ていたのか、どのような血統の馬が来ていたのか、どのような騎手が好調だったのかを思い巡らせます。

こうして導き出した渾身の予想を、最終レースに賭けるのです。まぁそれで上手く行くケースは多くは無いのですが、ごく稀に一発大逆転になる時もあったりするんですよね。

そんなことを思いながら、今週も来週も、そして来年も十年後も金曜の夜は予想をし続けるのでしょう。当たる時もあれば外れる時もありますが、そうしたことを含めて競馬の予想は面白いんですよね。この誰にも邪魔をされない思考の時間は、まさに競馬ファンにとっては至高の時間と言い換えることが出来るのではないでしょうか。

-体験談
-, , ,

スポンサーリンク