デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

体験談

競馬初心者の女性と競馬場へ行った体験談

2018/07/25

ポイントの手をする女性

競馬場へは一人で行くことが圧倒的に多いのですが、たまに誰かと一緒に競馬場へ行くことがあります。そんな数少ない体験の中でも、特に印象に残っているのは競馬初心者の女性と競馬場へ行ったことです。彼女は同じ職場に勤めていて競馬のことはまったく知らない人でした。

あるとき競馬の話を私が男性の同僚としていたら、その話に興味をもち一緒に行くことになったのです。話の流れから彼も一緒に行くことになり、三人で競馬場へ行きました。

行ったのは確か土曜日で、重賞レースは組まれていないちょうど良い雰囲気の競馬場でした。彼女は競馬場の何もかもが目新しく感じられたようで、しきりに「凄い」を連発していました。まず入り口で彼女に手に取るよう勧めたのは、その日のレーシングプログラムです。

私と彼はスポーツ新聞を買ったのですが、彼女は専門的な馬柱を見てもわからないだろうということで、レーシングプログラムを勧めたのです。

午前中のレースから馬券を買ったのですが、彼女はまずパドックに夢中になりました。私と彼には見慣れた光景ですが、彼女は間近で馬を見た経験がなかったようで、馬の状態をチェックするというよりただ見惚れていました。そして、馬と名前を照らし合わせ、一番元気な馬の馬券を買うことになりました。ただ、そこからが一苦労でした。

競馬初心者にはありがちですが、馬券の買い方がよくわかっていないのです。そこで、私と彼で彼女に懇切丁寧馬券の買い方をレクチャーしました。彼女はすぐに飲み込んで馬券の買い方を覚えましたが、間違いがないように一応、私と彼でダブルチェックをしました。

返し馬のときも彼女は興奮しっぱなしで「そんなに喜ぶとはなあ」と思っていました。

思えば目の前で500キロを超すサラブレッドが走り抜けるのですから、それを初めて目にすれば普通は興奮するのかもしれません。しかし、私と彼は競馬歴が長いので、もうその光景が普通になっているのだと改めて感じました。彼女が買った馬は複勝で数百円つくような人気薄の馬だったのですが、その馬が3着以内に来て見事に複勝を的中させました。

まさにビギナーズラックという感じで、私と彼はただ驚くばかりでした。今までにビギナーズラックを目の当たりにしたことがなかったので、本当にビックリしました。

ただ、彼女が当たったのはその1回きりで、あとはまったく当たっていませんでした。それでも、最終的には彼女が競馬を好きになってくれたので良かったですし、間違いなくたのしい記憶として今でも覚えています。

-体験談
-, , ,

スポンサーリンク