デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

体験談

競馬の魅力と馬券の魅力

2018/07/25

電卓とメモ帳とぺん

ほとんどの競馬ファンは競馬だけを楽しんでいるのではなく、馬券の購入も同時に楽しんでいると思われます。もちろん、私自身も競馬の魅力というよりも馬券の魅力にハマったので、競馬を続けていると言ってもいいのかもしれません。

競馬にハマってしまったのは、30年以上前に初めて購入した馬券が、まぐれでにも的中してしまったことが大きな原因となっています。

私が初めて馬券を購入した頃には馬券の種類は単勝複勝枠番連勝の3種類があるだけでした。現在のようにインフレーションな馬券はまったくなかったのです。だから面白くなかったというのではなく、少ない馬券の種類でしっかりと楽しんでいたということは言えます。

しかし、インフレーションな馬券ではないので、いわゆる万馬券などは出現する頻度がかなり低く、その頃には馬券ファンは万馬券を取ることが夢であるという人も少なくありませんでしたし、競馬仲間においては万馬券をとったということは大きな自慢にもなったものでした。

私が初めて購入したのは、枠番連勝馬券で千円程度の購入で、2万円程度の払い戻しを受けてことをはっきりと覚えています。

それからは、毎週のように場外馬券売り場に出向いて、購入できる全てのレースの馬券を購入しましたが、たまに勝つことはあっても負けるほうがはるかに多かったのです。競馬自体を楽しんでいたというよりも、やはり馬券を楽しんでいたというべきでしょうか。

私が馬券ファンになってから長い間3種類の馬券の時代が続いていましたが、それからだんだんインフレーションな馬券が登場してきました。馬番連勝馬券が導入されたときの嬉しさは今でもしっかりと覚えており、これで念願の万馬券をどんどん的中させることができると思ったものでした。もちろん、それほど甘いものではありませんでした。

そして、それ以降も馬券はどんどんとインフレーションになっていき、万馬券が出ることは当たり前になっていき、10万馬券や100万馬券などもそれほど珍しくなくなってきました。一体どこまでインフレーションになっていくのかと思っています。

しかし、私の中では大きな変化が起こっていました。馬券がインフレーションになっていけば行くほど、馬券ファンから競馬ファンになってきたのです。

最近では馬券を購入しないでも競馬を楽しめるようになってきました。もちろん、馬券を購入することはありますが、的中しても外れてもあまり気にしなくなったのは確かです。

-体験談
-,

スポンサーリンク