デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

体験談

レース傾向をヒントに競馬予想するのが手堅い方法

2018/07/25

ガッツポーズする女性私が競馬の予想で軸にしているのは、過去数年のレース結果からわかるレース傾向です。

各レースには、それぞれで違った傾向があります。その傾向を正しく把握することができれば、競馬予想のヒントになります。ただし、単に実績があって強い馬の勝ちやすいレースでは、予想にオリジナリティを出せません。

そうして実力通りに決まりやすいレースは、過去のレース傾向を分析しても穴馬を探すのが至難の業です。そんなときは、買い方に工夫を加えること前提で競馬予想をすることになります。それは、例えば単勝の一点買い、馬連の総流し、あるいは枠連を買ってみるなどです。

こうして工夫を加えれば、強い馬が普通に勝ちやすいレースでも予想にオリジナリティを加えることができます。特に注目したいのは、レース傾向がはっきりしているレースです。

レース傾向がはっきりしていれば、その傾向に沿った穴馬を買うことで予想にオリジナリティを加えられます。例えば、過去のレース傾向から「明らかに内枠が有利」とされるレースがあったとします。中央競馬でいえば、年明けの京都金杯などがそれに該当します。

外枠に入ってしまうと上位入線はほぼ無理になってしまうのですから、ハッキリ言って不公平です。ですがそれが競馬ですのでそこは割り切って競馬予想に活かしていくことが大事です。

もしも明らかに内枠が有利なレースだったら、たとえ近走の着順がどんなに悪くても抑えの印はまわしておかなければなりません。超人気薄の内枠の馬が激走してヒモ抜けで不的中では、とても悔しいです。そうならないように、内枠の馬は例外なくすべて抑えておくのです。

そうするのが、おもしろい競馬予想です。また、同じ馬ばかりが連対するレースもあります。いわゆるリピーターが好走するレースで、そういうレースでは過去に好走している馬を無視してはいけません。その条件だけ好走する可能性が非常に高いですので、唯一の狙いどころだと決めつけて本命にするぐらいの予想が好ましいです。

さらに「弥生賞馬は皐月賞を勝てない」など、不思議なジンクスもある意味レース傾向として覚えておきたいです。このジンクス通りなら弥生賞馬の単勝は買わないほうが良いということになりますが、ジンクスを活かした予想も侮れないところがあります。

こうして過去のレース傾向を振り返っていけば、その傾向を軸に予想ができます。毎回レース傾向通りに決まるわけではないですが、この競馬予想方法はとても手堅いです。

-体験談
-, , ,

スポンサーリンク