デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

体験談

クラシックに向けて楽しみな馬が登場した2020年の京成杯

2020年の京成杯は、非常に見どころの多いレースでした。クラシック戦線につながるかもしれない重賞レースですので、各馬がどんな競馬をするのかしっかりチェックしておく必要があります。

まず注目を集めたのは、1戦1勝の牝馬スカイグルーヴです。父がエピファネイアに母がアドマイヤセプターという良血馬であるのはもちろんのこと、東京で行われた京成杯と同じ距離の新馬戦を2着に0.9秒差で圧勝していたのですから断然の1番人気に支持されるのも納得です。東京から中山への舞台替わりが不安要素でしたが、新馬戦の圧勝劇を見ているとG3の重賞は通過点ではないかと思われました。

そのスカイグルーヴのレース振りは、十分先につながる内容でした。新馬戦では逃げていましたが、このレースでは外枠からのスタートということもあってか、逃げずにレースを進めたのです。

先行のポジションから4角先頭の競馬で直線に入った時は、新馬戦と同じく圧勝するのかと思えました。ですが東京と違いやや荒れた馬場が影響したのか脚色が鈍ったスカイグルーヴは、最後の最後でクリスタルブラックの強襲にあって2着に敗れました。勝利まであともう少しだっただけに、陣営は悔しかったに違いありません。ですが2着で賞金加算はできましたし、逃げ一辺倒ではない競馬ができたのは収穫でした。京成杯は牝馬が勝てないとレース前に言われていましたが、今年もその法則通りになりました。

一方後方からのゴボウ抜きで重賞勝利馬の座を掴み取ったクリスタルブラックは、展開が向いた面はあるとはいえ見事な脚でした。デビュー戦も後方からの差し切りだっただけに、すでに自分のスタイルを確立させているといって良いのかもしれません。今後人気を背負ってどんな競馬をするのかは未知数ですが、馬場がどうであろうと関係なく豪脚を繰り出せるのは非常に魅力的です。追い込み馬が好きな人は、つい応援したくなるタイプの馬です。競馬はこういう個性的な馬が登場すると盛り上がります。

まさかの敗戦に終わってしまったのが、2番人気に支持されたものの10着に沈んだヒュッゲです。ヒュッゲは関西馬ですから、初の関東への輸送が精神的に堪えてしまったのかもしれません。ただ輸送にはいずれ慣れてくるでしょうし、輸送の必要がない関西でのレースなら巻き返しは十分可能なはずです。この1戦だけでは見限れません。

クリスタルブラックにスカイグルーヴと、今後に向けて楽しみな馬が登場した2020年の京成杯でした。

-体験談

スポンサーリンク