デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

1頭の馬を時系列で分析して競馬予想に反映させる

2017/10/30

握手する手

1頭の馬の時系列に注目して競馬予想することはとても大事です。時系列によって成長曲線や状態を見極め、それを競馬予想に反映させるのです。

競馬は実力ごとにクラスが細分化されていますので、馬ごとの能力差はある一定内におさまるようになっています。新馬戦は別にしても、それ以降はクラス分けによって実力が拮抗するように調整されています。たとえ調整されていても、終わってみたら勝ち馬が後続を5馬身以上突き放して大差勝ちしたりすることはもちろんあります。

ただ、基本的にはそうならないようにクラス編成されていますので、勝ち馬とそうでない馬の差は非常に僅かです。そして、成長曲線や状態は、好走するかどうかに大きく影響します。そこで、時系列に注目しなければいけないです。

よほど強い馬でない限り、デビューからずっと好走を続ける事はそうそうないです。良血馬でクラシック路線にすんなりと乗れるような馬は確かにデビューから壁を感じることなく突破する事もありますが、それは最初から成長曲線が高い所に位置しているからかもしれません。

つまり、3歳のクラシック路線を過ぎて4歳5歳になったとき、下降する可能性があります。それをレースぶりや着順から時系列で読み取ることができれば、過去の実績で人気になっているケースでもそれほど本命視しないで済みます。

もちろんそれはあくまで競馬予想に過ぎませんので、間違っていることもあります。ですが、時系列で1頭の馬を追っていけば、成長曲線や状態については何となくわかってきます。

2歳GⅠでも好成績を残して、なおかつ古馬GⅠでも通用するような超一流馬はほんの一握りしかいませんが、それらの超一流馬はずっと本命視することで馬券を当てやすくなります。

ですが、それ以外の馬は本当にピンポイントで1年ぐらいしか活躍期間がなかったりしますし、もっと顕著な馬の場合は半年、3か月、極端な例を挙げれば1回だけ大激走して後は泣かず飛ばずということもあります。そして、そのタイミングを見極めようとするなら、時系列でずっと追い続けていくしかありません。

さらに、本命視できるタイミングを寸分の狂いなく狙い定めることができれば、人気にあまりなっていない状態で本命にして儲けることができるかもしれないです。

競馬予想の難しさは一筋縄ではいかないところで、いくら時系列でずっと追いかけていてもわからないことがあります。ただ、それを諦めずに追求していけば、競馬予想においてチャンスの前髪を掴むことができるかもしれません。

-記事
-, , ,

スポンサーリンク