デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

重賞2着続きのベストウォーリアを応援

2017/10/12

ガッツポーズする男性

競馬では、たまに「こんなことがあるのかな」と驚いてしまうようなレース結果になることがあります。

それを改めて実感したのは、2017年のフェブラリーステークスでした。このレースを勝ったのは2番人気のゴールドドリームでしたが、2着に入ったベストウォーリアに私は驚きでした。なぜなら、ベストウォーリアはこのレースでなんと重賞を5連続で2着になったからです。

オーナーからすれば「何で勝てないんだろう?」と歯噛みするかもしれませんが、それはファン目線でも同様です。最後の直線半ばで前があいたベストウォーリアは、ゴールを目指して敢然と先頭に立ちました。しかし外からゴールドドリームが矢のような末脚で襲い掛かります。

それでも、ベストウォーリアは必死のラストスパートでクビほど抜け出しました。その瞬間、私は「やっとベストウォーリアが勝てた」と思いました。しかし、終わってみればゴールドドリームに差し返されてしまい、またもや僅差ながら2着になってしまいました。

実力はあるのに、なぜかここ最近のベストウォーリアは勝ちきれなくなってしまいました。

こうしたベストウォーリアのような善戦マンはどんな時代にもいるものですが、それは強いからこその芸当だと私は思っています。もしも重賞で通用する力がなければ2着続きすることはできないですし、勝ちに等しい勝負などできません。

しかもベストウォーリアの場合は、浦和、盛岡、川崎、東京と、地方と中央を含めて4場で2着を記録しており、場所を選ばず好走しているところが高く評価できます。また、戸崎圭騎手は地方出身騎手ですから、ダート競馬はお手の物です。

つまり、ベストウォーリアは常に全力で走っているのだとわかります。すでに交流G1を制した実績を有していますので、実力が折り紙につきなのは間違いありません。そして競馬ファンからすれば、単勝は向かなくても連軸や複勝で頼りになるのは周知の事実です。

私は勝つか負けるかわからないような単穴タイプは苦手なので、ベストウォーリアのような連軸や複勝で頼りになる馬がとても好きです。それでも馬券を買っていれば「2着で良い」「3着で良い」とは思わず「勝って欲しい」と思いながら競馬のレースを見守っています。

これから先のローテーションがどうなるのかはわからないですが、もうそろそろ次かその次あたりで2着続きに終止符を打って欲しいです。善戦マンタイプは1度勝ち味を覚えればその勢いに乗って連勝することも珍しくないですし、ベストウォーリアにはぜひ覚醒して欲しいです。

-記事
-, ,

スポンサーリンク