デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

競馬予想の際に知っておきたい1番人気馬の成績について

2017/10/30

考える女性

馬券を買う際に多くの競馬ファンがまず確認するのが、各レースの1番人気馬です。

テレビなどの競馬中継でも、レース前の分析やパドック解説では1番人気馬のチェックに多くの時間を割いており、聞けば聞くほど1番人気馬がとてつもなく強いような印象すら持ってしまうこともあります。

しかし実際にレースになれば凡走して馬券圏外に負けることもしばしばあります。データ的な観点から考えた場合、1番人気馬は勝率が30パーセント程度、連対率が50パーセント程度、3着内率が60パーセント程度しかありません。

これら全ての数値は2番人気以下のすべての馬よりは高いですが、勝つ馬は10レースで3頭、馬連と馬単の馬券に絡むのは10レース中5頭しかいない訳です。つまりすべてのレースで1番人気を軸に馬連の馬券を購入しても、半分は軸馬が連対しないといったことになってしまいます。

このようなデータ的な裏付けをきちんと知っておくと、1番人気馬だからと言って馬券を購入する際に怖がる必要もなくなります。テレビの競馬中継でこういったデータ的な背景が語られることはほとんどありません。従ってただ単にパドック解説などを聞いていると、1番人気馬が強そうだという錯覚も抱いてしまう訳です。

尚、1番人気馬といってもオッズが1倍台の馬と3倍台馬もいて、馬券検討の際の信頼度もオッズによって異なってきます。1倍台の馬の信頼度は3倍台の馬より高いことは明白です。

従ってむやみに馬券対象から消してしまうことはリスクも大きいと言えますが、的中した際の配当も低い場合が多いのが、断然の1番人気馬の馬券の特徴とも言えます。また、1番人気馬に騎乗する騎手についても考えたいものです。

当然ながら各々のレースにおいて最もファンから多くの支持を受けているということで、プレッシャーもかかります。従ってリーディング争い下位の騎手が騎乗した場合、レースで大事に乗りすぎて仕掛けが遅れ、馬券圏内に入ってこないという光景も競馬ではよくあることです。

逆にリーディング上位騎手の場合、断然の1番人気馬に乗ったレースは勝ち星を増やす絶好の機会になりますので、高いモチベーションでレースに臨んでくることも考えられます。

従って馬券検討する際は、1番人気馬の人気の度合いや、騎乗する騎手についてもじっくり検討する必要があると言えます。ちなみに3着内に入る勝率の60パーセントというのも数値だけ見れば高いとは言えません。40パーセントのレースで4着以下に沈んでいる訳です。

-記事
-, ,

スポンサーリンク