デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

競馬予想で無視できない騎手の個性や特徴について

2017/10/12

チェックを指さす手

競馬の主役は間違いなく競走馬ですが、予想をするときは競走馬以外もその材料になります。

その予想材料とは騎手、調教師、馬主などの競馬に関わっている人です。特に騎手は「騎手買い」という言葉があるくらい、予想で重要視されています。騎手によって単勝オッズが左右されることは珍しくなく、その影響力は絶大です。

人それぞれで個性がありますが、騎手にも当然それは当てはまります。どんなにリーディング上位の騎手でも、すべての馬を等しく好走させられるわけではありません。ですので、その個性や特徴を把握できれば、競馬予想に取り入れて活かすことができます。

まず、デビューしたばかりの新人騎手は、技術の未熟差を補う減量特典があります。最大で3キロ減のアドバンテージがありますので、ダートの短距離戦では特に狙い目となります。

これは新人騎手に総じて当てはまる特徴ですが、ハンデのアドバンテージはバカにできません。新人騎手はまだ無名なので買いにくいですが、早めに目をつけていれば大胆な競馬予想で万馬券を当てられるかもしれないです。

また、牡牝で成績に違いがある騎手もいます。牝馬と比べて牡馬のほうが好成績、あるいはその逆というケースは意外に多々あり、競馬予想している段階でどちらが好成績を残しているのか、騎手のデータを収集しておくと参考になります。

特にグレードレースではちょっとしたことが結果に大きく影響しますので牡牝の成績差について知っておけばそれを活かせます。さらに、騎手ごとに得意な競馬場がそれぞれで違ったりします。普通は関東騎手なら関東の競馬場、関西騎手なら関西の競馬場を得意とするものですが、遠征した場合でも好結果を残す騎手がいます。

それを知っていれば、遠征してきた騎手が買いなのか消しなのか、競馬予想に反映させることができます。また、夏の北海道や新潟や福島や小倉など、ローカル遠征で活躍する騎手についても絶対にマークしておいたほうが良いです。

ローカルは特定の騎手が固め打ちで勝利しやすく、騎手の得意傾向を正しくつかんでいるかいないかで競馬予想は大きく変わります。騎手の得意コースが頭に入っていればそれをもとに競馬予想ができますので、迷った時には助かります。

競馬の主役である競走馬と同じくらい、騎手も競馬予想で絶対無視はできません。競馬は馬と人で成り立っていることを再認識し、それを競馬予想へと役立てていけば、難解な万馬券も当てられる可能性が出てきます。

-記事
-, ,

スポンサーリンク