デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

競馬ブームとオグリキャップ

2017/10/12

メモをとる男性

競馬ファンとなり競馬を見続けてきて30年以上になっています。競馬にどっぷりとはまっていた時期もありますし、競馬と距離を置いた時期もありました。

しかし、今までずっと競馬を見続けたことは事実です。全く個人的な意見でもありますが、競馬が開催されてから大きな競馬ブームは3頭のサラブレットと共にあったと思います。

その3頭のサラブレットとは、ハイセイコー、オグリキャップ、ディープインパクトの3頭です。ハイセイコーの時代は競馬ファンになる前でした。

リアルタイムでハイセイコーが走っていたのは見たことがありませんが、競馬場から人がはみ出すくらいにファンが殺到していた映像は何回も見ました。地方競馬の出身で、中央競馬の言わばサラブレットのエリートたちを打ち負かす姿に人々は熱狂したのでしょう。

主戦ジョッキーがうたっていた「さらばハイセイコー」と言ういう歌はおそらくサラブレットを題材とした歌ではもっとも売れた歌ではと思いますし、そもそもサラブレットの歌などがあること自体がハイセイコーのブームのすごさを物語っていると言ってもいいでしょう。

オグリキャップは自分ではもっとも好きなサラブレットです。

競馬ファンになってからそれほど時間の経っていない時期にあらわれた、この稀代のアイドルサラブレットはまだまだ人々の記憶に残っているでしょう。

オグリキャップの時代は中央競馬の全盛期と言っていい時代とも重なります。オグリキャップもハイセイコーと同じように地方競馬からの出てきたサラブレットでした。

血統が重視されるサラブレットと競馬の世界では血統はほとんど聞いた事がない血統でしたし、地方競馬もマイナーな岐阜の笠松の出身という事でした。このサラブレットがハイセイコーと同じように中央競馬のエリート達と次々となぎ倒す姿はやはり熱狂的に支持されました。

それに人々の目にはオグリキャップが何か悲壮感のようなものをまとって走っていると感じた事もありました。まさにアイドルホース中のアイドルホースがオグリキャップだったのです。

ディープインパクトは無敗で勝ち進んだエリートです。まさに次元の違う走りで時代を駆け抜けました。ハイセイコーやオグリキャップとは全く違うエリート然としていましたが、無敗で勝ち進むという事でやはり人々はこのサラブレットに夢を見たののではないかと思われます。

これから、この3頭以上のサラブレットが現れるかどうかわかりませんが、それぞれの人のそれぞれのアイドルホースは存在していることでしょう。

-記事
-, ,

スポンサーリンク