デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

競馬の本命を決めるときの考え方について

2017/10/24

考える男性

競馬で1着から3着まですべて6番人気以下で決まるような大波乱レースは、ありそうでそんなにないです。これは条件戦、重賞レースに限ったことではなく、だいたいのレースで1着から3着までなら5番人気以内の馬が1頭くらいは好走しています。

あくまで私の印象ですので絶対的なデータではありませんが、大波乱のレースというのはそうあるものではありません。ですので、この大まかな競馬の傾向をもとに、競馬でレースを予想するときは5番人気以内の馬を本命にするよう私は心がけています

5番人気以内の馬なら、単勝倍率が10倍を切っている場合が結構あります。3番人気以内の馬はだいたい単勝10倍を切りますし、混戦のレースなら5番人気以内でも単勝を10倍を切ります。

ここで気をつけなければならないのは本命にしようとしている馬の信頼度についてです。いくら5番人気以内におさまっているとはいっても、同着の場合を除いて勝つ馬はたった1頭です。

その1頭をまず当てないことには競馬での的中はかないませんので、できる限り当てられるようにしなければいけません。そのためには、走るコースに対する適性、同じレースに出走する馬との力関係、出走のローテーション、騎手との相性など、さまざまな面から馬を検討していかなければいけないです。

そうしてさまざまな面から検討してみて「大丈夫だ」と太鼓判を押せるような馬が、本命として信頼できる馬です。本命として買う馬は、馬券の的中を最も左右する大事な馬です。

ヒモ同士で決まって本命が凡走では馬券が的中しませんので、そうならないように本命だけは間違えないようにしなければいけません。安易に1番人気を信じればそれで良いというものではないですし、だからといって無茶な大穴狙いも現実的ではないです。

レースごとに本命として相応しい馬はまったく違うので、その点をしっかり踏まえたうえでレースの予想をすることが大事です。私の中で強い馬の定義は「人気を背負っても勝てる馬」です。人気を背負ってレース展開が不利になっても勝ってしまうそんな馬はなかなかいません。

だからこそ数少ない強い馬を見つけたときは心の底から嬉しくなりますし、その馬を本命にすることに対して「悔いなし」という気持ちになります。自分が強いと思って本命にした馬が好走すればたとえ配当は安くても嬉しいですし、自分の競馬観に狂いはなかったと思えます。

ですので、競馬で本命にする馬には、いろいろな思いが込められているのです。

-記事
-, ,

スポンサーリンク