デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

皐月賞の競馬の予想について

2017/10/24

考える女性

今週行われる皐月賞の競馬の予想は、混戦のために例年にないほどの難易度になりそうです。その原因としては、とにかく抜けているほどの強い馬がいないために、どの馬にも少なからずチャンスがあるということがあります。去年の皐月賞も同じように混戦でした。

ただ今年とは違い、何頭かの抜けた馬がいたための混戦だったので、その中からどの馬を切るのかが競馬予想の鍵となるといった感じでした。それ以外の馬は、馬券圏内にくる可能性がほとんど無く、実際に皐月賞もダービーも順位は変わったとはいえ、同じ馬がきていました。要は同じ混戦とはいえ、注目する馬自体は数頭でよかったのです。

その点、今年は出走する馬全てをチェックする必要があるくらい、現時点では実力が拮抗しているとみられている年なので、とにかく競馬予想が大変なのです。

そもそも朝日杯FSで牝馬が1番人気だったということが珍しいですし、本番の皐月賞でも専門家の付ける印によっては、牝馬のファンディーナが1番人気になる可能性があります。

ウオッカのダービーですら3番人気でしたし、私の覚えている限り菊花賞でのダンスパートナーくらいしか、牡馬クラシックで牝馬が1番人気になっていないことを考えると、やはりかなり珍しい年だといえるでしょう。ただ、このような混戦の年は後になってみると、オルフェーブルの年のように実は大物がいたということもよくあります。

また混戦の年に限って、結果的には上位人気で堅く決まるということもよくあるので、単純に上位人気のボックスで買うというのもありかもしれません。なんだかんだでスワーヴリチャードといいカデナといい、人気になりそうな馬は安定感はありそうですので。

その場合でもやはりポイントになりそうなのは、ファンディーナの扱いということになるでしょう。個人的にはこれまでの全てのレースを楽勝でタイムも良いとはいえ、やはりこれまで強い相手と戦ってきていないということには、不安が残ります。

こういったタイプの馬は、初めて厳しい競馬になったときに脆かったりするからです。

それに瞬発力勝負の東京競馬場なら牝馬でも牡馬と互角にやれますが、近年の中山競馬場だとウオッカやエアグルーブやブエナビスタですら勝っていないですし、有馬記念が珍しく軽い馬場だった年にジェンティルドンナが唯一勝ってるくらいです。

ファンディーナがこのメンバーに匹敵するほどの馬かといえば現時点では分からないので、ダービーならまだしもさすがに皐月賞は厳しいでしょう。ただこうした不安を覆して勝つようならば、競馬界に新たなスターが誕生することになるので、それも楽しみではあります。

-記事
-, , ,

スポンサーリンク