デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

同じ馬主が同じレースに何頭も出走させるときの競馬予想時に必要なこととは

2017/08/10

馬の模型2頭

去年の下半期の競馬界は、まさにサトノの年といってもいいくらいサトノの冠名を持った馬の活躍が目立ちました。今年の三歳勢のラインナップを見るに、今年もサトノの勢いは止まりそうにないのですが、そうなってくると競馬予想をするときには、今まであまり考えてこなかった要素についても予想に組み込んでいくことが必要になります。

それは組織力やチーム戦という要素です。例えば年末の有馬記念では、サトノの冠名を持つサトノダイヤモンドが出走して勝利しましたが、このレースにはサトノダイヤモンド以外にもサトノの冠名を持つサトノノブレスという馬が出走していました。結果は惨敗に終わったのですが、そのときの騎乗法についてがレース後に話題になっていました。

というのもスタートで出遅れて後方を走っていたにも関わらず、道中で急にダッシュをして三番手にまで上がっていき、その結果この区間だけペースが上がったため、キタサンブラックにとっては厳しい展開になったからです。さらにその道中を上がっていくときに、サトノダイヤモンドのルメール騎手に何かを話していたところまでカメラには映っています。

これでサトノノブレスの結果が良かったのならまだしも、そこで上がっていったせいで最後に足を無くして見せ場なく負けたところが、さまざまな憶測を呼び込むことになりました。

つまりサトノノブレスが上がっていったのは、キタサンブラックにプレッシャーを掛けて、同じ馬主のサトノダイヤモンドのアシストをするためだったのではないかということです。

実際に武騎手はレース後に、組織力に負けたといった趣旨の発言をしていますし、レース後すぐのテレビ中継でも、解説の人が同じような発言をしています。それ以外にも元騎手の解説者など、そういった発言をしている競馬関係者は多いのであったのかもしれません。

とはいえこれは証拠が残るものではないので、事実としてどうだったのかということは関係者以外分かりませんが。ですが過去にも証拠はありませんが同じように同厩舎や同馬主の馬をアシストしたように見えた事例はいくつもありますし、競馬予想時の要素のひとつとして考えておかなくてはいけないことでもあります。

最初に述べたように、今年は古馬にも三歳馬にもサトノの有力馬が多い年になります。

GⅠでは2頭出しどころか、3頭出しすら十分に可能な感じになりそうですし、実際に何回かはあるのかもしれません。そのときにはこのチームプレイや組織力といったことが、競馬予想においてかなり重要な位置を占めてきそうです。

-記事
-, , ,

スポンサーリンク