デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

京都競馬場で行われたマイラーズカップ

2017/10/24

ガッツポーズする女性

京都競馬場で行われたマイラーズカップは2番人気だったイスラボニータがGⅠ馬の貫録を見せて勝利しました。1番人気だったエアスピネルは外から差してきたが及ばず2着に敗れました。

レースは11頭とフルゲートに満たない状況で行われたのですが、そのことも影響してかあまりペースが上がらずどちらかといえばスロー気味な展開の競馬となりました。そんな中1番人気のエアスピネルは前目の5番手辺り、2番人気のイスラボニータはその直後に位置していました。

エアスピネルの武騎手はペースが遅いと見ると、早めに外から仕掛けるような競馬をしました。スローペースの場合は、直線の半ばになっても前の馬が残ることがあるので、内にいくと詰まるリスクがあると考えたのでしょう。

一方のイスラボニータのルメール騎手は、そのリスクを考えた上であえて内に入ったのですが、結果的にこの判断が勝敗を分けたといえます。

内に入ったイスラボニータが、直線では内にいたフィエロの前をカットするといった強引な騎乗をしましたが、見事に勝利を収めたのです。武騎手はレース後にごめんとコメントをしたようですが、ここの判断で負けたと感じたからなのかもしれません。

そもそもエアスピネルとイスラボニータとでは、置かれている状況が違いました。エアスピネルは安田記念にはレーティングの関係で出走はできそうだとはいえ賞金面ではぎりぎりなので、ここでは2着以内に入って少しでも本賞金を加算する必要がありました。

内で詰まると最悪2着も無理なので、そのリスクを取れなかったのでしょう。

一方のイスラボニータは、賞金面では何の問題もありませんでした。ですがいくらGⅠでは常に上位に来ているとはいえ、2年半以上も勝ち星から遠ざかっていたので、ここは最悪詰まる可能性があったとして、本番の安田記念に弾みを付ける意味でも勝っておきたいというのがありました。結局はその差が結果に出たというだけともいえます。

3番人気のブラックスピネルに関しては、やはり前走は超スローペースという展開がこの馬に上手く嵌っただけで、ここを勝ち切る力はまだなかったのでしょう。とはいえそれほど差のない競馬はしているので、展開次第では本番でも十分可能性はあります。

今回の結果を受けて安田記念は1番人気がイスラボニータ2番人気がエアスピネルになりそうです。コース取りの差だけで馬の力にはそれほど差がないので、次はどうなるのかはまるで分かりません。追切や馬の体調などをチェックして、最終的な判断をする必要がありそうです。

-記事
-, , ,

スポンサーリンク