デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

ハルウララという競走馬が競馬場にもたらした奇跡について

2017/10/12

笑顔の女性

ハルウララという競走馬を覚えている人はいるでしょうか?一勝も勝ち星をあげた事が無い競走馬としてメディアに取り上げられ、勝てない馬であるにも関わらず一番人気を集め続けた競走馬のことです。ここではそのハルウララについて簡単なコラムを執筆させていただきます。

当時ハルウララがメディアに取り上げられた際、冷ややかな目でその馬を見ていた人は少なくありませんでした。競馬において勝てない馬というのは”=稼がせてくれない馬”です。

本来その様な馬が競馬業界において好かれる訳がないのです。私も実はその一人でハルウララの特集が流れる度に、一過性の流行り物だと自分に言い聞かせて見ないふりをしていました。ですがハルウララはその先でどの馬もが成し遂げなかった奇跡を競馬業界にもたらします。

通常競走馬というものはご存知の通り、勝てない場合すぐに処分されてしまいます。勝てる馬であっても、ピークをすぎて勝てなくなったとなれば種馬となるか、処分されるかのどちらかです。ピークをすぎても走り続ける馬なんていうものはいません。

ですがハルウララは競走馬であるにも関わらずピークを過ぎても第一線級の馬として扱われレースに出場し続けました。ハルウララがレースに出るというだけで競馬場は満員になります。

ハルウララという勝てない馬を好んで、競馬場に足を運ぶ人が多く、また見るだけではなく、ハルウララを応援する意味で賭ける人が多いのです。ハルウララがレースに出場するだけで、とても大きな金額が動きます

そんなハルウララが今年、経営難に陥った競馬場を救うことになりました。高知競馬場は赤字が長年続いており廃止が常に噂されていましたが、ハルウララと武豊のプロモートもあってか今年、高知競馬場は12年ぶりとなる黒字収支を確定したのです。

すくわれたのは、高知競馬場だけではありません。競馬業界全体が、ハルウララに救われたといってもいいでしょう。ハルウララが、競馬場に足を運ぶきっかけとなった人は非常に多く、競馬業界を大きく盛り上げています。

”一度も勝ったことがない”馬に元気づけられている人がそれだけ多くいるということです。ハルウララが頑張っているから頑張ろう、そう思っている人が多いのです。

冒頭で述べた通り、私も最初はハルウララという馬を冷ややかな目で見ていた一人です。ですが今はハルウララという馬に大きな感謝の念を抱いています。それは私も勝てないながらも最後まで走り抜く姿に、心から救われた一人だからです。

-記事
-, ,

スポンサーリンク