デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

ナイスネイチャを知っていますか

2017/10/26

提案する男性

1990年台前半の競馬シーンで忘れらない馬がいます。それがナイスネイチャです。ナイスネイチャは「善戦ホース」「ブロンズコレクター」などとあまり嬉しくない異名を持っていましたが、後々から考えるとこの当時にこれほど愛された馬はいないのではないかと思います。

通算成績は41戦7勝2着6回3着8回と確かに3着は多いですが、一着と二着も同じくらいあるのですから、わざわざブロンズコレクターを言わなくても構わないように感じます。

しかし、このナイスネイチャは肝心な大レースで、3着が多いということでファンにとっては歯がゆいばかりの、また可愛いばかりのサラブレッドであったということでしょう。

私がとくに印象的なのは、一年の掉尾をかざる大レースの有馬記念で、3年連続3着という輝かしいような、輝かしくないような記録を持っています。おそらくこの記録は、あまりやぶられる可能性はないと思います。

その記録もすごいですが、ナイスネイチャはなんと5年連続有馬記念に出場しているのです。有馬記念は人気投票で出走馬が決まりますから、5年連続で有馬記念に出ているということからも、いかにファンに愛されたサラブレッドであるかがわかるでしょう。

その意味からもナイスネイチャは記録にも記憶にも残る「愛されホース」といっていいでしょう。その究極の善戦ホースの主戦ジョッキーはこれまた、渋い職人肌のジョッキーでしたから、このこともまた似合いのカップルであったのかもしれません。

ナイスネイチャの戦法はいつも同じで、前方にいても、後方を追走していても最後は同じようにジリジリを先頭との差を詰めてきて、終わってみれば優勝していないという、ある意味では間の抜けたワンパターンの戦法でした。

ファンとしてはなんとかしろよ、と言いたい人も少なくなかったでしょうが、頑なに自分の戦法を守るサラブレッドとジョッキーがそこにいたということです。

過酷な競馬の戦線を41戦も走り続けたナイスネイチャは、「無事是名馬」という称号もあります。どうも日本人気質という面にナイスネイチャははまったということでしょう。

どのようなレースであっても自分の能力を出しきって走る。スーパースターの引き立て役に回ることも少なくありませんでしたが、そのような姿を続けていくことによって、スーパースターの人気にまさる人気を獲得したのがナイスネイチャです。

これからもナイスネイチャのような馬が現れるかどうかはわかりませんが、ナイスネイチャのような走りをすればきっとまた人気が出るのではないでしょうか。

-記事
-, ,

スポンサーリンク