デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

キャリアによって走りが異なるのも競馬の興味深い点

2018/02/19

女性

まだキャリアが浅い若駒たちのレースでは、レース経験の少なさからあっさりと敗退してしまうケースがあります。競馬でスタートからゴールまで騎手の指示通り走るのは、よく調教されているからに他なりません。

競馬のレースは大草原を走るのとはわけが違いますが、若駒だとまだレースの感覚が掴めておらず、思わぬ走りをして関係者もファンも驚かせることがあります。その顕著な例としてピックアップしたいのは、2018年のきさらぎ賞です。

このレースで1番人気に支持されたのは、同じ距離の新馬戦を3馬身半差で快勝したダノンマジェスティです。推定の上がり3Fは33秒フラット、これだけの末脚を使って新馬を勝ち上がったとなれば、デビュー2戦目の重賞挑戦で1番人気に支持されるのも納得です。

加えてダノンマジェスティはきさらぎ賞で上位独占が目立つディープインパクト産駒です。となればまかり間違っても3着は外さないだろうと、ファンが予想するのも無理ありません。

しかし、このレースでダノンマジェスティは9着に敗れてしまいました。その敗因はいろいろと考えられますが、4コーナーから直線入り口にかけて外側へ大きく膨らんでしまったのがとても大きく影響していると考えられます。

ダノンマジェスティの陣営からはもともとそういう不安があったという声も聞こえてきているので、外への逸走はダノンマジェスティの性質だったのかもしれません。ただ、これをレース前に読み切るのはなかなか難しいことで、競馬の奥深さを知った瞬間でした。

何戦もキャリアを積んでいるような歴戦の古馬なら、ダノンマジェスティのような負け方はしないのかもしれません。ただ、それゆえに競馬は興味深いです。若駒と古馬ではこれほどまでに違いがあるのだと、きさらぎ賞を見て再認識させられました。馬券を買う身としては、こうした不確定要素も踏まえながら次のレースに活かしていくことが大切です。

考え方によっては、若駒のレースのほうが荒れた馬券を狙いやすいということになりますので、1番人気にちょっと不安を感じた時は、少しひねって他の馬を本命にしてみるのも良いかもしれません。

また、きさらぎ賞では古川騎手が今年の注目騎手になるのではないかと実感しました。まだ2018年になって間もないですが、テイエムジンソクの東海S、サトノフェイバーのきさらぎ賞で重賞2勝をマークしています。きさらぎ賞はダノンマジェスティの敗退ばかりクローズアップされがちですが、勝ったサトノフェイバーと古川騎手にも今後注目です。

-記事
-, ,

スポンサーリンク