デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

体験談

思い出は有馬記念と共に

2017/10/12

グーサインをだす女性

年の瀬が近づくいてくると、競馬に関しては有馬記念話題の中心となってきます。

若い頃にはかなり中央競馬に凝っていた時期があって、それこそ毎週の土曜日と日曜日には買えるすべてのレースにお金を賭けていた事もありました。その時には大きなグレードのレースであっても、小さなレースであっても同じような価値として考えて馬券を購入していました。

それからしばらくして、あれほど強かった競馬熱のすっかりと冷めてしまい、ここ10年位は馬券を購入するのは一年に数回になってしまいました。それでも、自宅で取っているスポーツ新聞の競馬欄は大抵読んでいますから、競馬に興味が無くなったというわけではありません。

それなりにまだ競馬ファンで競馬には詳しいという自負もあります。

馬券を購入することが少なくなってからも、必ず購入するのが日本ダービー有馬記念の二つのレースです。この二つのレースだけは競馬が好きな人間、競馬にはまった人間として買わざるを得ないレースと言っていいでしょう。

一般的にも大きな話題になりますし、この二つのレースの売上はやはりすごいものがあります。個人的な感想を言わせてもらえば、競馬を知らない人でも有馬記念や日本ダービーの馬券を的中させたといえば、ちょっとした自慢話になります。

それでも、日本ダービーも思い出深いですが、なんといっても自身では有馬記念の思い出深さに勝るものはありません。年末の大レースであるという意味もありますが、人気投票で選ばれたサラブレッドが集まることでオールスター戦ということが印象深くなるゆえんでしょう。

すでに30年以上も有馬記念を観戦し、馬券を購入しているのですから、すごい歴史と言えるかもしれません。あのサラブレッドが有馬記念に勝利した頃には自分はどのような生活をしていたとか、どのような社会的な出来事が話題になっていたとか、サラブレッドの名前と共に思い出されることも少なくありません。

有馬記念の馬券を購入するということは有馬記念というレースに参加しているということでもありますから、テレビで観戦するだけの人や新聞で結果だけを確認する人と比べると遥かに深く有馬記念との関わりを持っているということが出来ます。

すでにこれくらい長年にわたって有馬記念の馬券を購入しているので、これからの有馬記念の馬券の購入は自分で自分の歴史を刻んでいるのかもしれません。ちょっと大げさな感想になってしまいましたが。

-体験談
-, , ,

スポンサーリンク