デジ馬

デジ馬は、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

体験談

先輩がきっかけで知った有名な競馬予想について

2017/10/12

ガッツポーズする女性

前の職場で働いていたとき、40代の競馬好きな先輩がいました。その先輩はとても気さくな人で、同じ競馬好きという理由で私と仲良くしてくれました。

その先輩と出会うことで知った競馬予想方法が「スピード指数」です。そのときすでに競馬歴10年だった私でしたが、スピード指数については知りませんでした。先輩世代なら知っていて当然というくらい有名な競馬予想だったのですが、私は聞き及んでいなかったのです。

スピード指数を軸にした先輩の競馬予想は、私の予想とまったく違うのでとても新鮮でした。

あるとき、先輩と2人で一緒に競馬場へ行ったことがありました。お昼過ぎのレースからお互い予想をしたのですが、先輩はスピード指数に忠実な買い方をしていました。

何レースか予想したのですが、先輩の予想的中率はかなり高く、「さすがだなあ」と私はびっくりしました。私もそのときは調子が良くて、それなりに的中させていたのですが、先輩は的中させるだけではなくしっかりプラスにしていました。

そのときのレースはガチガチの本命で決まるのではなく、かといって大万馬券が飛び出すわけでもありませんでしたので、一番予想力が問われるレースでした。それでしっかり結果を出していたのですから「スピード指数恐るべし」と、思わざるを得ませんでした。

ただ、そんなスピード指数も、もちろん絶対当たると決まっているわけではありません。

それから重賞を中心に、月曜日になったら馬券の結果をお互いに報告していたいのですが、「3連複で買った馬が1着2着4着でハズレ」や「馬連でヒモ抜けした」など、先輩から惜しい馬券結果を聞くことも、少なくありませんでした。

当たった馬券の自慢ばかりにしていると嫌味になってしまうので、もしかしたら本当は結構当たっていて、私の前では謙遜していたのかもしれません。ですが、どんな競馬予想でも絶対当たり続けるわけではないのだなと、先輩の報告を聞いていて思いました。

たとえ、当たる予想だと有名なスピード指数をもちいた予想でも、ハズレてしまうことはあるのです。それにしても、走破タイムから競走馬の能力を割り出すスピード指数は、単純ながら理にかなった競馬予想だと思います。

競馬をすれば必ず走破タイムが計測されますし、それが早ければ着順が良くなるのは自明の理です。スピード指数が良ければ強い馬という図式はわかりやすいですし、予想しやすいです。

めぐり合わせで私には、あまり縁がない予想方法ですが、そういう競馬予想のやり方もあると、しっかり記憶しておくといいでしょう。

-体験談
-, , , ,

スポンサーリンク